読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

っだーけーどー

このアホみたいな文体をそろそろなんとかしたくなってきた。でも対策がない。

というかまず「なんとかしたい」の意味がわからん。シャキッとしたいってことかな。レタスでも食うか。

ちゃんと書こうとすれば自然とシャキッとするんだろうか。ちゃんと書きたいと思うことがなんもないんだもんなー。

もういいやあの感じでいこう。なんだっけ。あのーTake it easyじゃなくてYou had a bad dayじゃなくてLet it beじゃなくてA piece of cakeじゃなくてなんかそういうやつ。それでいこう。何の解決にもなってない。

 

 

ツイッターの「#東北でよかった」タグのインターネット感がなんかいい。ああいう返し方いいよね。

元ネタのおじさんはあれかな、もし東京だったら国庫からの支出がどえらいことになってたからそこまでは金かかんなくてよかったよね、ってことが言いたかったのかな。飛び魚のアーチをくぐって失言をした頃、何も失わずにいられると思う?権威は強いものよ、そして儚いもの。

その方向で考えると、国連本部から見たら日本でよかったってことになるじゃん。だからおじさん的にはよかったじゃん。もし西アフリカとかでテロがあってもあっちの方でよかったって国連の人は言うかな。まあいいよ。俺はいいけど、SUKIOはなんて言うかな。

 

そういえばシエラレオネの国旗がファミマの看板に似てるって話をよく見る。俺の中でシエラレオネといえばサッカー選手のカーロンなんだよ。長友がいるインテルで10年以上前に活躍したフォワード。まだ現役なのか。

あの頃よくウイイレやってたなー。あのゲームやってたおかげでかなり国旗を覚えた。あれやってなかったら今でもベルギーとドイツを見分けられてないもん。桃鉄で地名に詳しくなるのと似た流れ。ただし東南アジアやアフリカには詳しくならなかった。

あと海外サッカーをよく見てた頃はイングランドとかウェールズとかで区別してたから、イギリスって言われるとそれなんだっけって一瞬混乱した。

というか今もイギリスって言葉には変なくすぐったさを感じる。かといってUKとかブリティッシュって言われてもすぐに反応できそうもない。

 

 

天皇賞かー。

ベストオブ天皇賞春ったらメジロブライトかなー。ビートブラックもいい騎乗だよね。あの時は東京競馬場にいて、向こう正面あたりからのどよめきが本当にすごかった。

あんなの競馬以外では味わうことがないだろうな。というかレースが大荒れになるとわかった時の、あの虚無と高揚の混じった快感も他で味わうことがない。

ゴールドアクターが鞍上強化なのに人気落としてるので買いたい。ディーマジェスティも気になる。2強は全く気にならない。

関東馬ってどうなのかな。フェノーメノジャガーメイルマイネルキッツあたりか。フェイムゲームもだ。うーん、よくわからん。

というかヒルノダムールエイシンフラッシュくらいからもう天皇賞は意味わからん。いやスズカマンボからか。そうだな。

ディープインパクトの年に、クールにストラタジェム複勝を狙って当てたことは一生自慢していきたい。

今日の夕暮れはとても心地よかった。

少しずつ暮れてゆく空と、まだ青いままの空、その間を歩いていた。

街全体が落ち着いて一日を終えようとする、深い呼吸のようなものを感じる。みんな今日もお疲れ様、と自分が暮らす街に声を掛けたくなるほどだ。

バスのヘッドライトさえ柔らかい。角を曲がると、学年ジャージの中学生がくたくたになって歩いている。その頭上で淡い光を放っている、名も知らぬ白い花。

通りに連なる家々は影になり、その先には薄い夕焼けが見える。これで豆腐屋がラッパを鳴らしていれば最高だったのだが。

うわぁ〜〜気持ちいいなぁ〜〜あっトイレットペーパー買って帰らないと・・・と思い出してセイムスに入ると、店内があまりにも明るくて面食らう。LED照明の白色はなんて軽率に光るんだ。

 

完全に日が落ちると、さっきまで見ていたのはどんな空だったか全く思い出せなくなっている。いつものことだ。

自分が中学生の頃、部活の帰り道に見た空だってもう覚えていない。

しかし忘れたわけではない。忘れなければまた戻ってくることもある。

大したことねえな

 PTAで役員を楽にする法案を提出したら、過去に役員やった人から「私達は大変だったのを我慢してやってたんだから自分ばっかり楽しようとすんじゃねえよ」って言われたのでTPP離脱した、みたいな記事を読んだ。

 そしたら、俺も人生の諸先輩方に「今は楽になったよなぁ〜~、俺らの時代はそんなんなかったんだから、全部自分でやったんだよ」なんて言われてどんなリアクション返せば相手が満足するのかわからなくて困ってた頃を思い出した。別に便利な時代に生きることについては特に困っていなかった。

 今は年寄り側についたり若者側についたりどっちもできる年齢なので非常に楽だ。実際、便利なものにばっかり頼ってると本質は見えなくなるし、かと言って原始的なやり方に立ち返りすぎると効率厨の俺はやる気をなくす。

 

 

すきなものたち - 母父トニービン」はめんどくさくなったので閉店した。

 ちゃんと飽きるんだな。そんで飽きたらちゃんと止められるんだな。よかった安心した。飽きてもやめられないみたいなのが一番つらいもんね。その先に見える景色もあるのかもしれないけどそんなの関係ねえ。俺のヴァイブスがそれを求めてねえ。

 二度とやらないとかいついつまでは必ず続けるとか宣言しなくていいこのインターネットの感じがいいよね。宣言に縛られたり翻弄されたりするのは非常に疲れる。宣言に縛られたり翻弄されてる人を見るのも疲れる。あんまり疲れさせないでくれ。

 麻雀でもあんまりリーチかけたくないもん。でもリーチかけちゃえばそこから先は何も考えなくていいから楽なんだよね。追っかけリーチとかして俺を疲れさせないでくれ。

 

 

 

 イスラボニータ勝った。ルメール上手い!すごい!って思ったのなんてハーツクライ有馬記念以来じゃないのか。それは言い過ぎかな。

 買おうかけっこう悩んだけど、マイルCSであの相手に5倍のオッズで単勝を買えたってことは今回の相手で単勝4倍ならもう最高だろ、ということで単勝を買った。ただし馬連も買っておけば1点で取れたはずなのでまだまだ詰めが甘い。

 でも良かったー。あのマイルCSの悪い思い出で終わらないで良かったー。こういうの大事だな、と思った。ベストウォーリアの連続2着は戸崎が良く乗ってるのでむしろいい思い出だ。

 セントライト記念以来2年半振りの勝利だってさ。そうかー、一口持ってる人は嬉しいだろうなー。確かその翌週のオールカマーの時に新潟競馬場に行ったんだった。えっ、てことはこのブログ始めるよりも前か。へー。長く走ってるんだなこの馬も。

 というかこのブログまだそんなもんなんだ。ゴールドアクターが3着に入った菊花賞の頃なんて、ついこの前じゃねえか。よかったよかった。もうじき400記事とかになるからそれなりかと思ったけど大したことねえな。

 

 そうそうはてなブログ始めてちょっとしたら新井がカープに戻ってきたんだ。わたしもこのブログと共にカープファンとして成長しているわけですね。広島風お好み焼きがなんなのかはいまだにわかりません。なんか・・・何?ベーコン?が乗ってるの?

 カープファンはみんな、去年の独走優勝による強気と、それまでずっと勝てずにいた頃の弱気のハイブリッドなんですよ。弱気は最大の親友と書いてライバル、みたいな感じ。

 だから引き分けを挟む10連勝の後に4連敗なんかするともう今シーズン終わったと思いかけるもんね。うわー勝てるピッチャーいねぇーってなる。

 他球団から見るとうるせぇ何言ってんだ勝ってるくせに、って思われるだろうけど実際にそうなのだから仕方がない。昔は俺もそう思う側だった。そう思われる側に立つ日が来るとは。

 っていうか逆に腹立ってくるよね。お前ら巨人も中日もこの10年ずっとこういう感じだったのかよこの野郎。

 いやーしかしスタートダッシュ決めたのは実際でかいわ。これ決まってなかったら「去年は夢だったんだ・・・」なんて空気になってたかもしれん。

 田中はWBC呼ばれて自信つけたようにも見えるな。俺の見る目が変わっただけかもしれない。ちょっとエラー多いけど。まあポカっていうよりも際どいところでのエラーって感じだから、勘弁してくれよー!っていうわけではない。

 そして岡田がいいピッチャーになりつつある。九里も頑張ってる。キツネもいい。それにしてもみんな若い。欲を言うなら永川をもう一回見たいけどなー。

すきなものたち

 

1年間に、好きなものを1日ひとつずつ挙げていくことにした。
風呂で思いついて始めることなので、飽きたらやめる。飽きなくてもやめるかもしれない。
既に書いたものとかぶっていてもいい。
毎日コツコツ続けることに意義があるとは思っていない。
しばらく抜けたとしてもそのぶんは後日埋める。埋めずに放っておくかもしれない。
事実もう1/5なので1/1~1/4のぶんは今考えた。
逆に、超えてやる・・・スーパーサイヤ人を・・さらに!!のベジータのテンションで毎日続けるかもしれない。
 

適当にヒーロー列伝のフレーズを考える

それっぽい感じを入れつつ適当にやってみます。思いついたら追記するかも。

自分でやってみるとまた難しいねこれが。

「君は、ヒカルデユール。」とかどうやったら思いつくんだろう。

 

 

 

オルフェーヴル

「思い返すたび、好きになる。」

 

 

グラスワンダー

「ライバルも最強。」

 

 

ゴールドシップ

「それでも君を、買いたくなる。」

 

 

ウオッカ

「ダービー馬としての闘い。」

 

 

ディープインパクト

「英雄は、ただ一頭。」

 

 

メジロブライト

「春は、すぐそこに。」

 

 

スイープトウショウ

「嫌だねったら、嫌だね。」

 

 

マツリダゴッホ

「お楽しみは4コーナーから。」

 

 

キズナ

「ダービーを、勝つために。」

 

 

クロフネ

名が体を表すとは、限らない。」

 

 

コスモバルク

「地方から、ASEANへ。」

 

 

ディアデラノビア

「三着至上主義。」

 

 

ダイワメジャー

「ダイワを、メジャーにした。」

 

 

メイショウドトウ

「執念の、結実。」

 

 

ドゥラメンテ

「突風、吹き荒れる。」

 

 

ビートブラック

「石橋は、叩かずに駆け抜けろ。」

 

 

アパパネ

美女と野獣。」

 

 

マンハッタンスカイ

「中3週は、休み明けだ。」

 

 

サイレントハンター

「むかしむかしあるところに、追いかけられるハンターがいました。」

 

 

冬なのに、さまぁ~ず。(言いたいだけ)

 

 

こちらもやってます。

競馬の思い出bot (@keiba_omoide) | Twitter

 

わたしの書いた競馬読み物