読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

オルフェーヴルの話します

競馬 競走馬の話

 

わたし競馬が好きなんで、オルフェーヴルの話しますよ。いいですか。

長いから今回はちょっと読みやすく区切ってみましたよ。

 

当初そんなに興味のある馬ではなかった

 

俺がこの馬を好きになったタイミングは、2012年秋、4歳の凱旋門賞だったかなー。 

いや、おせーなおい。三冠馬だぞおい。

ステップレースのフォワ賞を終えた時点では「やあクリストフ。君も馬もファンじゃないけど今回はさすがに応援したよ、凱旋門賞ももちろん応援する、幸運を祈ってるよ」くらいのノリ。

 

とりあえず、時系列で書いてゆく。

 

3歳春

 

誕生とか兄の活躍とかいろいろすっ飛ばして、東日本大震災の後に行われたスプリングSから。

なんか知らん馬が勝った程度の認識で、皐月賞の時点でもベルシャザールと全く区別が着いていなかった。

あぁドリームジャーニーの下か。そうかそうか。いや、だからどっちが!ってテレビの前でキレてた。

 

どっちもスーパーに売ってるお菓子みたいな名前なんだもん。

ルマンドとかの近くにありそうな感じの。

 

そもそも2011年クラシック世代の牡馬には大して興味が湧かなかった。

序盤はサダムパテックが人気の中心で、俺はかろうじてナカヤマナイトトーセンラーに興味はあったが、どれもG1まではどうかなぁ、ってところ。

 

牝馬レーヴディソールに「ダービーいっちゃう?ねぇダービーいっちゃう?」とホテルに誘うエロオヤジの如くめちゃくちゃに期待をしていたのに故障でクラシックは絶望、あれは辛かった。

せっかくここまでだましだまし来て、やっとホテルの入り口ってところで故障されてみ?絶対辛いよ?

 

種牡馬初年度のディープインパクトが2歳リーディングサイアーになったが、朝日杯はリアルインパクトの2着が最高でサクラバクシンオー産駒のグランプリボスに負け、ようやく暮れにダノンバラードが重賞を勝つ。

そのダノンバラード共同通信杯で思いっきりブッ飛ぶし、逆に完全に頭打ちだと思えたウインバリアシオンがいきなり青葉賞勝つし。

ダービーもそのウインバリアシオンが2着に入るし、着差つけたとしてもそんな世代で二冠達成っつってもねぇ。

それなりに強いとは思ったけど。

 

今こうして名前を並べてみると、ここもなかなか面白い世代なんだよなぁ。

 

史上7頭目の三冠へ

 

神戸新聞杯

 

強かったねー。これはもう三冠決まっちゃったかな、と思った。

 

菊花賞

 

これも強かったねー。この馬が三冠馬か、まぁいいけど、別に。

いいけど、中山で勝っていないのはちょっとどうなのかな、んん?

 

有馬記念

 

超スローペースの最後方に近い位置からレースを進め、あぁこれ有馬記念で有力馬が負けるパターンですわ兄さんと思って見てたら、そんなの全く問題にせず勝つ。

強いなぁ、これは本物だ。

でも来年これに対抗できる馬が出てこないと面白くならないんじゃないか。

 

現役最強馬の苦難

 

阪神大賞典

 

逸走し始めたたところで「え?故障?オルフェーヴルだよな?故障か?……故障だ、これはえらいことになったぞ…………」と心臓止まりそうになった。

そこからグイグイ盛り返してきたのを見てこれはもう恐ろしい馬だと思った。

パチンコの安っぽい演出以外にありえないもん、こんなの。

 

でもこれ今後に影響が出るかもしれないな、とも思った。

 

天皇賞春。

 

また派手に負けたもんだねーと結果をあっさり受け入れられたことで、逆に大してファンじゃないことを再認識してしまったレース。

東京競馬場のターフビジョンでレースを見てたんだが、道中の観客のどよめきや、勝ち馬と騎手のほうが印象強かった。あれは良いレースだった。

 

宝塚記念。 

 

これは単純に安心した。

前走後はこの先もう勝てないかもしれないとすら思ったからね。

前半泣きっ放しの池添のヒーローインタビューの一言目「もうほんとにキツくてぇ~」がすげー面白くて忘れられない。

気持ちは察するが、いかんせんあなた面白すぎるよ。

 

凱旋門賞へ向けて

 

日本競馬会における大目標のひとつ、凱旋門賞

その大一番へ向けて、騎手の乗り替わりが発表された。

 

何故ずっとコンビでやってきた池添を替える?

 

スミヨンのほうが池添よりも技術が上なのか、あの馬を乗りこなすことができるのか、そういう問題じゃない。

舞台が日本ならいざ知らず、仮にフランスで全く同じ条件の下レースをして、10回乗って勝てる回数が多いのは池添と現地のトップジョッキーどちらか?

コンビ解消となればオルフェーヴルが好きなファンほど怒り心頭だろうが、陣営はストイックに、ただシンプルに、凱旋門賞を勝つことを目指している。

それだけ勝ちたいということ。勝負をしなければいけない馬だということ。

 

そんなことを自分なりに色々と考えて「なんとなく続投派」だった俺の考え方もだいぶ変わった。

もう、現地の新聞に"チャンピオンは2頭いた"と書かれて喜べる時代ではなくなっていた。

 

日本の大将、いざフランスへ

 

フォワ賞

 

最後は「よし、よし、よし、よし・・・・・・よしっ!」って、馬券買ってラジオ聞いてるオヤジのようなノリで見ていた。

無事に勝ってくれた時は本当に嬉しかったよ。アウェイの不安もある程度払拭してくれた。

 

これは・・・本当にいけるんじゃないか!?

 

  

凱旋門賞

 

残り300m、勝ちを確信したところで「勝った・・・!やった!やった・・・ウウッ・・・ついに・・・」とカイジみたいなテンションで少し泣いてしまった。

競馬で泣くなんていつ以来だ?松永幹夫ブルーショットガン以来かな。

 

顔を上げたら残り100m、後ろから1頭近づいてきていた。

 

いやいや、まさか。

まさか、そんな。

そんなこと、いやいやいやいや。

勝たせてくれ・・・!お願いだから!頼む!今日だけ!

あぁ・・・・

 

あそこから差し返されたことが今でも信じられない。誰かが勝ち馬をゴールの先から見えない糸で引っ張っているような、そんな不思議な光景だった。

なんとかポストとかそういう感じの、作りの悪い競馬ゲームみたいだったもん。

 

レース直後の池江調教師のインタビュー

「日本の競走馬が世界のトップレベルにあることは事実です」

「勝負事は勝たなきゃいけない」

「日本のみなさん、申し訳ございません」

 

このコメントを聞いて、少しだけ残念な気持ちが和らいだことをはっきり覚えている。

やっぱり本気だったのだ。

 

ただ、このレースに関しては池江調教師が言うように、勝たないと意味がなかった。

負けて強しという言葉もあるけれど、オルフェーヴルがいくら世界にその強さを示そうが、結果が出なければ意味がない。

それでも騎手を含め関係者ができること全てを出し切ってくれたと思っているので、負けたことを批判するつもりは全くないし、敗因を何かに求めようとも俺には思えない。

仕掛けのタイミングが早かったという声もあるし、結果を見ればその意見も間違っていないと思う。

 

でも「やっぱり騎手を替えていなければ」なんてとんでもない。

 

ヴぇshぬおいfsjsン;

 

ジャパンカップ

 

過去に見てきたレースの中で一、二を争うほど気分の悪かったレース。

当日に東京競馬場に見に行こうか考えてなんとなくやめた(混んでると聞いたのもあって)んだけど、本当に正解だった。

 

このレース見て競馬を好きになったって人もいるだろうし、このレースと結果を否定する気は全くない。

が、正直、今でも思い出したくない。

 

このレースを漫画家のよしだみほがクスッと笑える内容の漫画に仕上げていて、最悪だった気持ちをいくらか和らげてくれた。

その道のプロってのはやっぱりすげぇんだ、と思った。

 

現役続行

 

大阪杯フォワ賞は、とりあえず勝ってくれて安心、という感じ。

 

凱旋門賞

 

レースの一ヶ月以上前から「いやぁ、ついに日本馬が凱旋門賞を買つわけか、今までの頑張りが報われるんだな」とずっとニヤニヤしていた。

もう、なんかね、発走待ち。

ゲートが開いてスタートさえすれば2分半で勝つに決まってるんだから、発走する瞬間をクリスマスを待つ子供のように、残り日数を指折り数えてワクワクしながら待っていた。

 

残念っていうのとは少し違うんだよね。

はぁ、何それ、って感覚だった。

 

ロケットパンチで有名なマジンガーZ

アニメシリーズの最終回で、仲間のロボットが敵に破壊寸前までやられちゃうの。

それを助けに行った主人公のマジンガーZも全然歯が立たなくて、ボロボロにやられるのよ。

やられる寸前のマジンガーZはもう戦えない。しかし最終回は主人公側が勝つことになっているはず。

どうやって逆転して話が終わると思う?

 

グレートマジンガーっていう、初登場の全然知らないロボットが最後の10分くらいで急に現れて、敵を軽ーく蹴散らして終わるの。

 

はぁ、何それ。

そんな感じ。

 

あんな強い馬がいるなんて聞いてないよ。

あのねぇ、事後報告って一番困るんだよ。

 

 

ラストラン

 

有馬記念

 

この馬ではこれがmyベストレースです。

 

ってそりゃそうなんだよね。

この文章を書きながら気付いたんだけど、俺が好きになってからこの馬が勝ったG1レースって最後の有馬記念だけなんだよ。

というか・・・この馬が強い勝ち方をするのなんて2年前の有馬記念以来見ていなかった。

それが3コーナーからひとまくりの圧勝。

 

残り300mくらいかなぁ、急に泣いちゃった。

なんだよ、お前、やっぱりめちゃくちゃ強いんじゃんかよって。

 

こんなに強いのに、何で凱旋門賞で勝てなかったんだよ・・・

 

何であんな3歳牝馬にぶつけられたくらいで負けちゃったんだよ・・・

 

 

なんとなく消化しきれていなかった負けレースを、最後の最後できちんと悔しがらせてくれた。

 

悔しがれて、本当に良かった。

 

一頭の馬に2回泣かされたの、こいつだけ。

 

 

 

黄金色の芸術

 

オルフェーヴル 21戦12勝

オルフェーヴル|競走馬データ- netkeiba.com

 

f:id:kwchn:20141221114323j:plain

 

ちょっとこのキャッチフレーズは微妙に思う。

最近は現役のうちにこういうの作るからねぇ。

 

なかなかいい感じのやつ思いついたから追記しとく。

 

思い返すたび、好きになる。

 

どうでしょうか。

 

そうそう、俺、オルフェーヴルから馬券買ったことないんだよ。天皇賞春で、ヒモに300円くらい押さえただけ。

しかも軸馬が何だったか思い出せない。穴馬だったのは覚えてんだけどなぁ。

 

日本競馬、凱旋門賞の先へ

 

1度目の凱旋門賞、レースの残り300mで勝ったと思ってフライング泣きした時、「日本馬が凱旋門賞を勝った先の世界」に突入したような感覚が確かにあった。

日本の競馬がついにこの壁を越えた!という、何かがぱーっと開けたような感覚。

 

「はじめの一歩」木村vs間柴戦で最後に木村が「ベルトに手が届いた」と思った瞬間にたぶん近い。

あのレースを勝てば、きっと日本競馬の何かが変わる。

 

凱旋門賞にこだわる必要はないという意見もよく聞かれるが、こだわる人に対してその要・不要を説いてもあまり意味はない。少なくとも文句を言う必要があるのか疑問。

いや、もしかしたら何も変わらないかもしれないよ、例えば20世紀から21世紀に入ったときのように。

でもそれは勝たないとわからない。

 

今年も3頭が凱旋門賞に出走して良い結果は出なかったが、いつか(近いうちに)その先の世界を見せてほしい。

 

今までに書いた競馬の話