読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

ディープインパクトの話します

競馬 競走馬の話

 

はい、ディープインパクトの話しますよ。

この間のオルフェーヴルに続いて、競馬知らない人には全然優しくない内容です。

 

オルフェーヴルの話した後にディープの話するともう遠く懐かしい時代の馬に感じられてちょっと寂しいね。

 

ブラックタイドの下

 

まず、ひとつ上の兄にブラックタイドという馬がいたね。

新馬戦の勝ちっぷりで「これはかなりの大物が出てきた」と話題になって、でもその後は勝ったり負けたり。なんかちょっとかわいいな。

スプリングSを追い込んで勝ち、皐月賞でも人気したがボロ負けして故障、長期休養へ。せつない。

 

ということで当初、ディープインパクトは「ブラックタイドの下」だった。

兄と同じ厩舎なので、兄の獲れなかったクラシックをこの馬で!みたいな。

デビュー前から高かった評判通りに新馬戦を楽勝して、次走は兄も勝った若駒S。ここの圧勝で一気に「ディープインパクト」の名が広まった。

 

周りの友達は競馬知らないし別に興味もないのに俺が何かにつけて競馬の話をしてくるからステイゴールドとかテイエムオペラオーとか名前を覚えてしまっていて、そいつらに「週末の弥生賞は凄いことになるよ、ディープインパクト、この名前は覚えておいたほうがいい」なんて言ってた。

そしたら勝ちはしたんだけど全然差が付かないで勝ち方でやんの。たはーっ。人生であの時だけだよ、「たはーっ」ってリアクションしたの。><。

 

目標はダービーではなく、三冠

 

既にクラシック三冠が視野に入ってるディープインパクト、もしも三冠レースのうちどれかで負けるとすれば紛れのある中山コースの皐月賞だと当初は言われていた。と思う。

俺は複数の有力馬が年間通してしのぎを削る様を見るのが楽しいタイプなんで、逃げの有力馬ストーミーカフェが出てくればそれこそ工藤静香ばりに嵐を起こしてくれるんじゃないかとけっこう期待してた。

それが共同通信杯で58kg背負わされて、勝ちはしたもののその直後に怪我して皐月賞は出られなくなり、何年か後には去勢までされて走り続け、負け続けるはめに・・・。せつない。

 

そんなわけで対抗馬らしきものも現れず皐月賞は完全にディープ一強、出遅れてもさらっと勝つ。

 

そして日本ダービーの日は競馬場内にディープインパクトの銅像があった。

これからレースやるっていうのにその中の1頭の銅像作るってなによ。俺がケンドーコバヤシだったら正気ですか?って言ってるわ。

これ周りの騎手への無言の圧力じゃん、完全に。ダメよ〜そういうことしちゃ。ダメ。

 

そんなディープ確勝ムードの中、俺はニシノドコマデモを買い、佐藤哲三インティライミは空気を読まずに真っ向勝負で勝ちにいった。

そして武豊ディープインパクト佐藤哲三インティライミとを退治してダービーを勝ち、幸せな競走馬生活を送りましたとさ。めでたしめでたし。

 

ナリタブライアン以来の三冠へ

 

もう勝つのなんか当たり前すぎて、神戸新聞杯とかほとんど覚えてない。

今はもう何も覚えてないけど、一時期「ディープのベストパフォーマンスは神戸新聞杯」と言っていた記憶がある。なのに何で忘れちゃうんだろう。

ラインクラフトvsエアメサイアローズSはよく覚えてるんだけどね。それはどうでもいい。牡牝どっちも2000mの時代ね。

 

菊花賞

 

いよいよディープの三冠が確定的すぎてもう何にも面白くねぇな、と思っちゃうんだよね。

もしレース中に他の馬がディープの邪魔しようもんなら、その騎手は競馬会から干されるんじゃねぇかくらいの空気ですよ。

 

テレビ局はどこもディープ三冠特集やってたりして世の中は盛り上がってるし、アナウンサーも芸能人もみんなディープ勝つって言ってる。

そりゃ俺もそう思うけど、そんなんばっかり見せられてどんどん冷めちゃうんだよね。ディープの三冠披露会じゃなくてこれ競走なんだけど、って。

 

そんで「はいはい規定路線規定路線」っつってぼけーっとレース見てたんだけど、2番手につけていたアドマイヤジャパンが早めに仕掛けて、直線に入ったところで抜け出す。追うディープとはまだまだ差がある!

 

!!!!

 

ドキッとした。

 

ディープが負けるかもしれない。

 

そう思った瞬間、「負けたら嫌だ!」という感情が湧き上がってきて、戦隊ヒーローショーでヒーローがやられそうになるのを見た子供の如く気付いたら「負けるなっ!」てディープの応援してた。

面白くねぇとか言いながらも、やっぱり俺も普通にディープを応援している競馬ファンなんだと再認識できた。

あれがなかったら最後まで応援してなかったかもしれない。

 

いるよなー、こういうめんどくせーやつ。急に言ってること変わるやつ。そうです、私が変なおじさんです。

だって周りの熱に逆感化されて肝心なことが見えなくなってたんだもん、しょーがないじゃん。

 

初の敗戦

 

有馬記念

 

当時は前売りの入場券が必要で、友達が急に入場券を手に入れたっていうから急に見に行けることになってしまった。マジかよ。再認識しちゃったしなぁ。行くか。

たぶん中山競馬場はけっこう混んでたと思うけど(16万人)あんまりそういう記憶はないな。

 

ハーツクライが先行したことに死ぬほど驚き、コスモバルクの4角先頭に死ぬほど感動し、ついにディープの負けを見てしまった。

息を呑んでレースを見てたんだけど、直線残り200m、あぁ、もう届かない・・・ってところで現実から逃げるように「さ、差せっ!」と叫んたけどやっぱり現実は現実でした。てへぺろ

 

レースが終わった後、地味にタップダンスシチーの引退式やってたよ。クソ寒かった。

佐々木昌三調教師の感極まってる顔を見て「この人麻雀強そうな顔してるな」と思った。やたら裏ドラのりそう。

 

その後、忘年会やら新年会やら何やらで会う友達みんなに「何でディープインパクト負けちゃったの?」って聞かれて毎回つらかった。

うるせぇよ、おい・・・

 

現役最強馬へ、圧勝に次ぐ圧勝

 

阪神大賞典はあれだね、芹沢のトウカイトリックが逃げて2着だったね。

天皇賞では逃げなくて、いや何やってんのマジで、と思った。

 

天皇賞

 

この天皇賞をディープのベストレースに挙げる人は多いと思う。俺もその一人。あんな競馬は後にも先にも見たことがない。

武豊がヒーローインタビューで言った「いやぁ、これ以上強い馬なんているのかなぁ、と思うんですよね」と言っていたのが今でも強く印象に残っている。

 

宝塚記念

 

一瞬、ほんの一瞬、好きだったバランスオブゲームが勝っちゃうんじゃねぇかと思って、鼻血出そうになった。そして全然気のせいだった。あっさりと、そりゃもうあっさりと差し切られたよ。

 

 

凱旋門賞

 

予定通り凱旋門賞へ。

 

テレビ中継での返し馬。

ロンシャンの綺麗な芝の上を歩くディープインパクトの姿を見ていたら、もうそれだけで感動しちゃった。

それまで俺が競馬を見てきた中で間違いなく一番強いと思える馬、そしてその鞍上には武豊

日本の競馬の全てを詰め込んだコンビがこれから凱旋門賞を走る。今まさに夢を見せてくれているわけですよ。

 

勝つかもしれないし、勝てないかもしれない。結果はどうなるかわからないけれど、まずはここまで持ってきてくれたこと、これから世界の競馬に対して全てをぶつけてくれること、そしてその姿を見せてくれること、それら全てのことに対して、あぁ、夢をありがとう、なんて思って胸がいっぱいになった。

 

結果は残念だったし、ディープの全てを出し切って負けたようにも見えなかったけど「しょうがない、今回はしょうがない」と自分でも不思議な程冷静に受け止めていた。

レース前にお腹一杯になりかけてたからかもしれないし、まだ時代が進んでいなかったからかもしれないな。

 

 

帰国後

 

確か日本に帰ってきてすぐだったかな、年内で引退って発表されたの。

 

来年も走れよって思ったわけじゃないんだけど、いやまぁそうなったらいいなってちょっと期待はしてたけど、「このタイミングで言うかよ!」ってキレた。そりゃもうキレたよ。

その後禁止薬物やらなんやらのゴタゴタでもうテンション下がっちゃって、そっからあんまり記憶が無い。

 

あぁ、ジャパンカップ勝った。

あぁ、有馬記念勝った。

あぁ、引退か。お疲れさん。

 

菊花賞アドマイヤメインの逃げとエリザベス女王杯ヤマニンシュクルの四位が立ち上がったのとウオッカの走るストライドが大きかったことしか覚えてない。

 

 

Deep Impact

 

一着至上主義。

 

f:id:kwchn:20141225214909j:plain

 

だせー。

 

"英雄"でいいのに。

 

英雄ディープインパクトって呼び名けっこう不評みたいだけど、俺好きよ。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあみんなで叫ぶよ、いい?

 

 

 

 

 

 

 

 

せーの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グ ラ ス 最 強 !

 

 

 

 

 

今までに書いた競馬の話