読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

都会の飲み物

 

ペットボトルが転がっている。

 

空のポカリスエット

 

誰か助けてくれ。

 

転がっているんだ、そこに。

 

しかし俺は座ったまま動けない。

 

どうしてしまったんだ。

 

もしこっちに転がってきたら絶対に拾う。

 

そこまでの決意とシミュレーションはできている。

 

ヒーローになりたいわけじゃない。

 

ただこの状況をなんとかしたい。

 

全員が目を逸らす中、俺一人がペットボトルをじっと見ている。

 

仕方ねえなぁまったく、なんて顔で拾えばきっと胸のつかえはとれるだろう。

 

しかし俺は座ったまま動けない。

 

目的地に着いてしまった。

 

そして俺は逃げるように電車を降りた。

 

ペットボトルは今も転がっているだろう。

 

きっと誰にも拾われることはない。

 

哀川翔がいたらあの周辺にいた20人は全員半殺しだ。

 

計算上10人が死ぬことになる。

 

ところでアクエリアスポカリスエットを抜いたのはいつだろう。

 

1万2千年前だろうか。

 

それはアクエリオンやがな。

 

2000年を過ぎた頃か。

 

俺は昔からアクエリアス派だ。

 

ポカリはしょっぱい。

 

都会と同じだ。