読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

アドマイヤグルーヴの話します

競馬 競走馬の話

 

よし、じゃあアドマイヤグルーヴの話するよ。

 

産駒のドゥラメンテが皐月賞で勝って、曽祖母ダイナカール-祖母エアグルーヴ-母アドマイヤグルーヴ-子ドゥラメンテと4代続けてG1レース制覇となりました。日本競馬初だそうです。

めでたい!のかどうかは不明です。好きな馬の子供が勝ったのでそのことについては個人的に嬉しいしめでたいです。

 

ちなみにこの中でアドマイヤグルーヴだけ勝ったG1がクラシックレースじゃない。この馬は牝馬三冠レースは全部1番人気だったけど全部負けた。

もう一度言います。全部1番人気だったのに、全部負けました。

 

でもねぇ、それでもやっぱり俺はアドマイヤグルーヴが大好きなんですよ。

 

女帝エアグルーヴ

 

まず母ちゃんのエアグルーヴだけど、まー強かったんだこれが。

 

俺が競馬を見始めた1990年代中~後半は牡馬と混合の大レースで牝馬が通用するのなんて、マイル以下の短距離路線くらいだった。それもごく一部だったのよ。

近年で言うと、牝馬限定戦ではどんなに強くても牡馬には勝てないアパパネ、短距離では稀にカレンチャンみたいのが出てくる、という感じが近いかもね。

 

しかしエアグルーヴは牡馬の一線級相手に、それも出し抜けではなく真っ向から勝負して天皇賞を勝つ。とにかく並んだら抜かせない根性が凄まじいと言われてた。

前哨戦なんかでも、俺の好きだったサイレントハンターあたりでは全く相手にならない安定した強さだった(参考動画)。実況ふざけんなwww

 

引退レースの有馬記念は、落鉄の影響もあってか5着。鈴木淑子さんが前向きに悲しんでた。

 

命名

 

1983年のオークスを勝ったダイナカール。その父はノーザンテースト

そこにトニービンを掛け合わせてエアグルーヴが生まれ、今度はそこにいよいよサンデーサイレンスを掛け合わせる。

非常にわかりやすい良血の配合で初仔・エアグルーヴの2000が生まれた。

 

その夏のセレクトセール、2億とかそういうレベルのめちゃめちゃ高い金額であの「アドマイヤ」の近藤利一が競り落とした。牝馬ですよ、牝馬

そして競馬ファンみんなの夢ともいえる存在「エアグルーヴの2000」の馬名は寛大な心を持つ馬主さんの意向でファンから公募されることとなった。

 

なんと!

あの馬主なら母親の名をとって「アドマイヤグルーヴ」と短絡的な名前をつけるであろうと競馬ファンの誰もが思って(諦めて)いたのだが、もしかしたら自分があの馬の名付け親になれるのかもしれないのだ!

 

たくさんの名前が集まった。のかどうかは知らないが、厳選なる審査の結果、なのかどうかも全然知らないが、馬名は「アドマイヤグルーヴ」と決定した。

 

デビュー

 

この血統なら間違いなくG1は勝てる、との期待通りにデビュー戦を勝利。騎手は武豊、母親と同じだ。

その勝利からあまり日がないので暮れのG1・阪神JFには1勝の身で登録したが、抽選で落ちて除外になっちゃった。目標は来年だし、まぁこれはしょうがない。

 

このレースでめちゃくちゃ強い勝ち方をしたのがピースオブワールド。こいつもサンデーサイレンス産駒、これで4連勝。

この勝ち方を見て、来年のクラシックはこの馬と一騎打ちになるだろうと思った。桜花賞でこいつに勝てれば牝馬三冠も見えてくるな。

 

とりあえず翌週のエリカ賞へ出走して快勝、春を待つ。

 

さぁクラシック

 

桜花賞に向けてどこ使うのかなー、ここまで中距離を使ってるんだからフラワーカップかな?

違いましたー。若葉ステークスでしたー。この時期の中山の荒れた馬場で走らせるのが嫌なんだってさ。

勝たないと桜花賞に出られない状況なのに牡馬相手にレース使うなんて無茶苦茶するよなぁ。いくらエアグルーヴの仔だからって言ったってさ・・・

 

まぁなんとかギリギリで勝ったんだけど本当にヒヤヒヤしたよ。

っていうかもし2着だったら皐月賞出てたのかなぁ。

 

チューリップ賞では"大物食い"オースミハルカが勝利。2着には直線行き場を失ったスティルインラブ

フィリーズレビュー阪神JFで大穴を空けたアンカツヤマカツリリー

フラワーカップマイネヌーヴェルの鬼脚。有名な追い込みレースの中でもあれは最上位の衝撃だと思う。"凄い"じゃなくて"怖い"に近いもん。あの脚に夢を見てしばらく買い続けて泣く人が大量発生した。

 

 

桜花賞

アドマイヤグルーヴが1番人気で、同オッズのスティルインラブが2番人気。

 

スタートはアドマイヤグルーヴだけ出遅れ。なんか10人くらいで輪になってジャンケンして1発目でひとりだけ負けたみたいな、そんな感じで他馬みんな揃ってゲート出てるのに1頭だけ本当に綺麗な出遅れ。

届かず3着。

 

なんだよクラシックで「幸-池添」って。まぁよく知らないけど幸って騎手は初G1らしいし、めっちゃ爽やかだからなんか許しちゃおうか、ね。

そもそもアドマイヤグルーヴにマイルは短い印象があったし、それでもよく追い込んだほうなんじゃないか?スティルインラブがマイル向きだったんだよ、きっと。

大目標は次の「母子3代オークス制覇」なんだし、こっちはどう考えても距離伸びていいんだから確勝でしょ。ありがとうございます。

 

似たようなことを思っていたファンは多かったらしく、桜花賞ではほぼ並びだった単勝オッズもオークスでは一気に差がついて、2強ではなく1強のオッズになった。

ピースオブワールドは怪我して春は絶望って言われてたんだけど、無理してここには間に合わせてきた。しかし順調に使われてきた他の馬に急仕上げでぶつけるのはやはり無理がある。でもやっぱりそれだけ期待されてたんだよね、この馬は。

 

アドマイヤグルーヴはまた出遅れ。それでもなんとかなると思ったのに、結果は7着で勝ったのはスティルインラブ。強かった。

なんだよチューニーって。

 

母子3代オークス制覇に関しては、まだ初仔なんだから毎年サンデーの仔を出せばまぁそのうち勝てるでしょ(ゲーム脳) 。

 

あれ、なんかおかしくね

 

あれ、なんか春のクラシック終わっちゃったけど。勝ってないんだけど。なんかおかしいよね。なんかおかしい。

桜花賞ピースオブワールドがいなかったんだからアドマイヤグルーヴが勝ってないとおかしい。そのどっちでもない馬が春二冠とがぜったいおかしい。なんだよチューニーって。

 

違うんだよ、スティルインラブは春の時点で完成されていたんだろうけど、アドマイヤグルーヴはこれからが本番なの。母ちゃんだって古馬になってあの勝負強さを発揮したんだし、勝負は秋なの、あ・き。

牝馬三冠最後の秋華賞はクラシックレースじゃないというよくわからないJRAの構成なんだけど、とにかくそこを勝つことを目指していくしかない。何としても勝たねばならない馬なんだこいつは。

 

ローズステークススティルインラブのほうが1番人気。なめやがって・・・。

というわけでここはアドマイヤグルーヴがスカッと勝ちました。はい本格化ー。みなさんアドマイヤグルーヴが本格化しましたよー。スティルインラブは5着。

 

秋の華

 

秋華賞

今度はアドマイヤグルーヴが1番人気。

スタートは普通に出た。よしよし。

スティルインラブが中団外め、アドマイヤグルーヴはピッタリその後ろを走る。先に動いたスティルをアドマイヤも追うが、最後は脚色が同じになってしまって結局わずかに届かない。三冠最後もスティルインラブが勝利。

 

また負けちゃったよ・・・最後のチャンスだったのに・・・なんで・・

牝馬三冠か・・・やっぱり三冠獲るような馬ってのはこれだけ強いんだな・・

 

色々な感情がごちゃ混ぜになってちょっと涙ぐんだ。

競馬のレースが涙腺に訴えかけてきたのは初めてだった。

 

いやー、どうしよう。もう負けた言い訳が残ってないよ。

っていうか強い。素直にスティルインラブが強い。悔しいが、納得だわ。

 

 

エリザベス女王杯

スティルインラブが1番人気。そりゃそうだ。三冠牝馬だもん。しかもひとつ年上のファインモーション武豊の関係で出てこない。

最後は完全に2頭のレース。直線は併せる形で伸びてきて、わずかに外のアドマイヤが先に出た。

 

やっとG1でスティルインラブに勝てた。やっとG1馬になれた。

よかった・・・一時は本当にどうなることかと・・・

 

この1勝で全てチャラになったとは思わないが、それまでと比べて肩の力を抜いて見られたぶんだけ嬉しさを噛み締めることができた。

 

このレースの何がいいって、残り100mくらいでアドマイヤグルーヴが一旦差し切って先頭に立ってるんだけど、そこからスティルインラブもまた盛り返してるんだよね。

 

古馬牝馬

 

古馬になってからは共に牡馬には歯が立たなかった。

 

特にスティルインラブはもう燃え尽きてしまったのか全くいいところなしで、小倉のハンデG3に重いハンデで出走して惨敗したりとかわいそうになるくらいだった。

レースに登録されているのを見る度に、もう引退させたほうがいいんじゃ・・・これ以上見たくないよ・・・と多くのファンと同様に俺も思っていた。

 

一方アドマイヤグルーヴ秋の天皇賞で3着に入ってその後にエリザベス女王杯で勝利して連覇を達成。これは気持ちの良い勝ち方だったね。

 

翌年は何故か春の天皇賞も走ってみたりしたんだよね。めっちゃ負けたけど。

そして秋のエリザベス女王杯新馬からずっと乗っていた武豊はこの前のレースから他の馬に乗るようになっていて、上村騎手が乗っていた。4番人気。

 

スティルインラブは直前で引退していた。結局秋華賞が最後の勝利だった。

 

1番人気がエアメサイアなことにむかついたので、スイープトウショウと1点で買うことにした。

いやけっこう自信あったから馬連1点で勝負しようと思ってたんだよね。でも万が一を考えて馬連・ワイドを4:1の割合で買った。

そしてオースミハルカがめちゃめちゃ頑張ったせいで1着-3着とワイドのみの的中、配当は5倍ちょっと。つまりほぼ元金になって戻ってきた。

正解は正解だったのかもしれないけれど、俺はこのレースを最後に元取り目的で抑えの馬券を買うのをやめた。馬券を当てても失ってしまうものと、馬券を外しても得られるものはある。いや後者はただの負け惜しみだろ。しかしあんなに空しい的中馬券もなかなか珍しい。

 

次の阪神牝馬ステークスで引退。桜花賞以来2度目のマイル戦。

鞍上には武豊を迎え、見事に引退の花道を飾ることができました。

 

好きな馬がこんなに美しく幸せに引退するのなんてめったに見られないから幸せだったね。

なんだよ普通にマイル走れたんじゃねーの?なんて言いながら。

 

成績、引退の形、対照的な2頭だった

 

アドマイヤグルーヴ 21戦8勝 アドマイヤグルーヴ|競走馬データ- netkeiba.com

スティルインラブ 16戦5勝 スティルインラブ|競走馬データ- netkeiba.com

 

f:id:kwchn:20150523163500j:plain

写真はRINOT*さんのもの。

 

では問題です。同世代の国内の牝馬で一番稼いだのはこの2頭ではありません。ちなみにこの文章の中には出てきていませんが、どの馬でしょう?

 

答え:メイショウバトラー(反転すると答えが出ます)

違ってたらごめんね。あとスマホだと丸見えになっててごめんね。

 

しかしいくらサンデーサイレンス全盛期だからって出てくる有力馬サンデーばっかじゃねぇか。この世代は牡馬もそうだ。

 

そういう意味でヤマカツリリーには変なファンが多かった気がする。

 

 

その他競馬について書いたものはこちら