読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

ああああ

 

車の自動運転化は運転技術が衰えるからよろしくない、自分で運転するのが一番楽しいじゃないか、便利になりすぎるのも考えものだ、って言う人の気持ちすごくわかるんだけど、もともと自動車を運転する技術なんてのは自動車が発明されるまで人間に一切備わっていなかったんだから別にいいじゃないか、既に世の中がある程度便利になっていた時代に生まれて自分より過去の不便だった時代のことはあまり考慮に入れず、自分の青春時代が一番素晴らしい、と個人の趣向を超えた範囲で信じきっている人間の考えこそが考えものだ、自分で運転するのが楽しいってのはいいが燃料を入れてエンジンを回し座ったままアクセルを踏み込むだけで毎時数十キロ米の速度で移動できるってそれ充分便利すぎるぞ、しかも空調までついて、たまには自分の脚で歩いたらどうなんだ、例えば空を見て明日の天気を予測する能力だって江戸時代に比べれば絶対落ちてるはずだろ、そういうものなんじゃないのか、でもそれをすんなり受け入れるのって難しいんだよなぁ、でも10年後に空間転移装置が一家に一台普及していたら車の運転なんて誰がするんだ、むしろ高速道路がなくなって日本橋の景観が良くなるね、そしたら阪神淡路大震災の高速道路が倒壊したシーンの映像を見た小さい子が、あれなーに?なんて聞いてくるんだろうか、っていうか歩くのが一番初歩みたいに言ってるけど、人間に進化する前の時代だとか海の中にいて脚がなかった頃だとか、そんなことを考えると自分の脚で歩けなんて考えも考えものだ、なんてことを考えているといろんなことがどうでもよくなってきて楽しいですよ