読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

サードブロガー

 
 
 たぶん俺はサードブロガーに分類されるんだろうな。分類?大別?わたくし本人としては、コーヒーをよくこぼす犬の人がいくつか定義されているもののうちほとんどの項目で当て嵌っていないつもりなんだけど、そのへんはみなさんにお任せします。
 
何かをやっていると何かを名乗るより仕方なくなってしまうということはよくある話ですよね。
 
 とコーヒーをよくこぼすかどうか特に明記されていないので現時点では不明なほうの犬の人も言っている通りで、まぁ俺もさすがにブロガーって言われるのはもう平気になったなぁ。いやそう言われてんのかどうかは知らないけど。前は「ブログ」って表記しないで「文章」って表記してたんだけど、どこかでそれを守ることに意味を感じなくなった。何を守ってたのかよくわからない。あれと一緒、馬券は買うけど俺はギャンブラーじゃないから、みたいなことよ。
 サードブロガーに分類されるであろうことに対しても、特に嬉しいとか腹立たしいとかは思わないし、客観的に見てまぁそうなるだろうなーという感じ。「お前みたいなサードブロガーがどうたらこうたら」って言われたら腹立つかもしれないな。もう「お前」の時点で腹立つもんね。そうだね、プロテインだね。
 
 なんてことを考えていたら、俺はブログを運営してるという感覚がないって理由がなんとなくわかった。
 そもそも俺がネット上に文章を書き始めたのは、SNSを始めた時に文章を書く機能がついてたからなんだ。なんか折角ついてるしみんな書いてるから俺もちょっと書いてみるか、が最初。一番最初に書いたやつなんかワンフレーズだけだもん。そんでたまーになんか書いて友達にコメントもらって返事して、みたいな。それ始めたのも2009年頃だから、もうそういうのあんまり流行らなくなってた頃だけどね。それが何年か続いて、なんかもうええわこのSNSの感じ、と思うようになっていって、べつに外でも充分文章書けるわいっつって探すともなく探してたらたまたまはてなブログが見つかった。
 だから、俺は文章を書きたくて一からブログを開設したわけではない。おまけがメインになったパターンのやつや!お子様ランチのオムライスのイギリスの旗みたいなもんだ。あれ最初にやった人すごいよなー、あれを思いつけるのはきっと優しくて心が豊かな人だろうなー。武豊より豊かかもしれない。そんなことはない。武豊の生涯獲得賞金はんぱないから。良かったよね、コンピューターが発明されて。ねがいましてはーでやってたら計算すっげー大変だもん。
 だからそう、スタート地点の違いってあるのかなって。ひるとよーるがこーさすーるっちってーん。突然ブログで鼻歌を始めるやつもそういない。思い立ってネット上に文章を書くつもりでブログを開設した人や、テキストサイトの管理人から始めた人とは少し違うんじゃないかな。まあテキストサイトがなんだかよくわかってないけど。
 逆に言うと、それ以外の点で他のブロガー達と大きく違うとも思っていないような気がする。お金を目的に書く人も、自分の考えを世の中に発信したい人も、人気者になりたくて書く人も、誰に見せるでもなく日常を書き留める人も、忘備録をつける人も、別に意味もなく書く人も、みんな根底では「文字を綴るのが好きな人達」という部分で同じだよね、なんてことは全く思わないけれど、まあ似たようなもんだろみんな。
 っていうかそもそも俺さぁ、「PV至上主義・カネ臭いブログ」の話題が持ち上がるまで、90%くらいの人がサードブロガー的な人達だと思ってた。だいぶ違うのね。
 もう俺フォースでいいよ。フォースブロガー。ほらスターウォーズ流行ってるし。やだよ。