読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

大人になったら黒ラベル

 
 やべー何回か連続で文頭に空白入れるように書いたら過去の空白入れてない自分の文章が全部気持ち悪く見えてきた。なんだこれ。
 
 このところかなり冷えてきている。週末また雪降るらしいっすよー、なんておじさん達と天気の話をよくするけど、これだけ冷えているとみんな嬉しそうに「いやー寒い、でもまぁほんとはこれくらいなんだよねぇ(^ ^)」と言う。俺も言う。俺はおじさんじゃないけど。あれなんだろうね。温暖化に対する罪悪感みたいなものを感じているのかな、という気がする。
 
 ビールが嫌いなんだけど、ビールを注いだり注がれたりする所謂めんどくさい飲み会で嫌々ながらもまあ場をやり過ごすために少し飲んだら、昔ほど苦味を感じなかった。じゃあちょっと買って飲んでみるかっつってある日コンビニの酒が並んでるところの前に立ったら、ブログにビールのレビュー?を書いてる人を思い出してスマホで4~5記事見てみたけど書かれているやつがどれも売ってなかった。
 っていうか「麒麟は大人向け」ということ以外は知らずどれが飲みやすいのかなどがさっぱりわからなくて、しかもビールと発泡酒の違いを知らないレベルの人間なので間違いなくビールであろうと思われる黒ラベルを買って帰った。アサヒスーパードライもビールかどうか確信がなかったし、よく考えたらスーパードライって名前がなんか刺激が強そうと思って避けた。黒ラベルはまずかった。
 
 コンビニで見かけてなんとなく手に取った『よつばと!』って漫画を買って読んだ。13巻。面白いのかつまらないのかよくわからないけど、よかった。ばあちゃん帰るとこいいなぁ。俺も10歳くらいの時かな、親戚の4つ年上のいとこが帰ったすぐ後に急に寂しくなって泣いたことあった。俺は4つ下の弟と2人兄弟だったから、いとこの兄ちゃん帰ると自分が一番上の子供になっちゃうのが寂しかった。
 4つ離れてると、いとこの兄ちゃんが卒業したおもちゃとかを大量にくれることがあっていいんだよね。ゾイドとかミニ四駆とかもらった。白いティラノサウルス形のでかいゾイドとかもらったけど、俺はステゴサウルスのやつが好きだった。ゴルヘックスというらしい。これ。
 
 
 ガチなサイトがあったよ「ZOIDS IGNITION -ゾイドイグニッション-」こんなん貼らざるを得ないだろ。
 ゾイドは間接部分につける丸いゴムのキャップがいい味出してるよなー。あの質感がやけに好きだった。あと全部コクピットが開閉できて中に2cmくらいの人が乗ってるんだよね。値段が高いやつだと一機のいろんなとこに4人くらい乗ったりするんだよね。
 っていうかゾイドのストーリー全く知らない。ファミコンのやつやったことあるけどすげー難しかったのは覚えてる。そういえばトランスフォーマーも好きだったけど話の内容全くわからないな。コンボイ好きだった。
 
 1月も20日を過ぎると、年末がもう随分前のことに感じられるな。ただの先月末と言ってしまえばそうなのに、なんだかんだ言って新しい年をスタートしているという感覚は備わっているようだ。それがいいことなのかどうかは知らん。帰れ。