読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

夏だなーって感じる曲

音楽

 

春夏秋冬、その季節になると聴きたくなる曲ってあるじゃないですか。それ聴いて季節感に浸るみたいなやつ。
夏ってその効力が特に強い季節なんじゃないかなーとふと思ったのね。いや今が夏だからそう感じるだけでしょうよ。
そんな感じのよくわからないテンションで曲を集めました。
 
 
そうそうホワイトベリーヤクルトスワローズのチャンス時の応援歌なので除外してます。
これ以上山田に打たれちゃたまらんからね。
 
 
シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~ / Mr.Children
特に夏を歌った歌でもないと思うんだけど、夏ってなるとなんか俺はこれなんだよね。当時流行ってたのが夏だったんだろうな。
イントロでうわー夏だなーって感じるし、サックスソロ終わりからの「トゥーントゥーントゥトゥーントゥーン こーいなんてー!」でまた夏の盛り上がりを感じられる。
 
 
夏の始まりに聴くとこの清涼感が非常にいい感じ。
と言ってもここ数年は梅雨明けの湿気を含んだ猛暑があまりにも強烈過ぎて、この曲を上手に味わうのが難しくなっている。
夏の朝の涼しい時間帯に聴くと爽やかに一日を始められるような気もするので、そんな気になるだけでも夏との付き合い方が少し違ってくるかも。
 
 
ELECTRIC SUMMER / Base Ball Bear
夏の入りによく聴いてる気がする。
いつもサビのコーラスが聴きどころだと思って聴いているから歌詞の意味とかはよくわからんのよねー。
 
 
太陽が燃えている / THE YELLOW MONKEY
これ夏の曲ってわけでもないのかな。でも夏に聴くと汗がダラダラ噴き出してくるような暑っ苦しい音で、猛暑日カレーうどん食ってるあの感じに近くて気持ち良い。
PV見たらあら綺麗っていう色鮮やかな映像だったのでなんだか気持ちをどこに置けばいいのかわからなくなってしまった。
 
 
楽園ベイベー / RIP SLYME
いや俺リップスライム全然好きじゃないしこの曲も特別好きってことはないけれど、これを耳にすると夏だなーってなる。
なんだろ、イントロがいいんだよね。オリエンタルな感じっつうのかな。
 
 
ギリギリ・サーフライダー / HALCALI
この夏の気だるさですよ。蒸し暑い真夏の午後に寝そべって扇風機の風を浴びながらこれ聴くとダルーい感じが味わえて最高。全然楽しくはない。
この脱力感は当時なかなか衝撃的だったなぁ。まあこれリップスライムのプロデュースなんですけどね。
 
 
Forever / 反町隆史 with Richie Sameora
まぁこれはドラマ『ビーチボーイズ』見てたからね。oh〜〜忘れ〜ないさ〜〜。いい歌詞だよな。
これデビュー曲なんですよ。当時の反町けっこう好きだったけど、翌年のポイズンでまた違うイメージになっちゃったんだよなぁ。
まあGTOも見てたけどさ。
 
 
サイバー!ダイバー!っつってね。前にYoutubeで掛け声ありのライブ動画見た時、確かにヲタ芸的なものが乗っかることで楽曲として完成するところはあるかもしれない、と思った。
AKBの人達は立場上水着になって歌う必要があるから必然的に夏らしい曲が出るけど、こういうわかりやすく夏っぽさを出してるポピュラーミュージックも近年減りつつあるかも。
 
 
出会った頃のように / Every Little Thing
これICE BOXのCMだったよね。よく食ったなーグレープフルーツ味。食べかけで冷凍庫に入れると中身全部くっついちゃうんだよね。
この人達ってそんなに季節感があるイメージでもないけどCMによる刷り込みはやっぱり大きい。まあでも曲中ずっと爽やかな風が吹いている感じはすごく夏っぽい。
あとFor the momentも"夏の夜"って感じがあって好き。むしろあっちのほうが好き。じゃあ何でこっちにしたんだろ。まあこっちのほうが夏感はあるね。
 
 
トロピカル・サマー / シグナルP with GUMI
ボカロで夏ったらこれが最初に浮かんだ。他に何があったっけ。レンの花火か。
なんかこう学生の夏休みって感じが懐かしくて希望に溢れてていいね。俺も夏の短期バイトしてえー。
 
 
夏よ逃げないでくれ、っつってね。
サビしか知らねえ。特に思い出もねえ。でも夏といえばこれ。
 
 
You're my sunshine / 安室奈美恵
まあ気付く人は気付いてるだろうけど、なるべく散らしてはいるものの選曲が90年代後半にいくらか偏ってる部分がある。そりゃ個人の嗜好ですから。
この曲には夏真っ盛りという熱さがあるね。これもだいぶカレーうどん感ある。
 
 
びちゅろっけろっちゅうぇいYEAH!踊れー!ってね。
夏って終わるっけ?終わらないんじゃない?やったね!と言わんばかりの勢いは聴いてて気持ちが良いし、曲中ずっと漂ってる潮の香りに心が開放されるのを感じる。
すげー盛り上がる曲なんだけどさすがにカラオケで歌うのは無理だろうな。ダイスケはんパート飛ばしたところで亮くんパートも意外とキーが高い。
 
 
この曲もミリオンセラーですからねみなさん。忘れないように。
これも浜ちゃんのキャラクターあればこその曲という感じあるなー。後半の過ぎ行く夏を愛でる切なさ。
この曲って始まりと終わりの雰囲気がだいぶ違って聞こえるから1曲リピートすると変な感じになる。シンデレラを一旦最後まで読んでまた最初から読むと継母のひどさについていけない、みたいな感じ。
 
 
金魚花火 / 大塚愛
夏の締めは毎年これです。今年はまだ締めに入ってないので聴いてないけど、こんなに没入できる曲もそうないと思う。
あーこれ聴きたいけどもうしばらくは真夏でいてほしい。まいったねこりゃ。
 
 
まあ毎年最初に「おっ、夏だなぁー」って感じるのは競馬の函館・札幌特別ファンファーレ「ぱぱぱぱっぱぱーん」だね。間違いない。