母父トニービン

明るいところで読んでね

すいませんまちがえました

KADOKAWAの偉い人が捕まったそうなので、 角川武蔵野ミュージアムとかいうとこに行ってきました。

 

ゴッホなんとか展みたいなのを観に行って、チケット売り場ですごいことに気づいた。「あ、あれっ!???」っつって。ゴッホピカソ勘違いしてた。バカすぎるー。自分でもびっくりするわ。

なんでもよく調べないで行くほうなんだけど、勘違いにしてもひどすぎる。勘違い?人違い?何が違ったの?そもそもどういう期待をしていたの?まあ正直「なんか、行くかー」って電車を降りただけなのでべつになんでもよかったんだけど。あとけっこういい値段だった。

 

展示の入口でもぎりの係員が「写真撮るのはいいですけど、動画はダメです」って言ってて、うるせえ調子のんな何も撮らねえわこちとらゴッホピカソ間違えて来てんだよと思ったけど、確かに動画だともうネタバレになっちゃうなあれは。

あのー美術館でよくある「この作品だけ写真OKです、他のはダメです」みたいなやつ、気持ちはわからないでもないけど、人々の承認欲求を利用して「SNSで広めろ、人を呼び込め」って操ってる感じがしてテンション下がる。

 

展示の内容は、円形の広ーい部屋の真ん中寄りに椅子やソファが並んでて、そこに座ってプロジェクションマッピングで壁に入れ替わり映る絵を眺めるみたいな感じだった。大きめの音量でクラシックみたいなの流れてた。たまに絵の全体がゆっくり動くからちょっと酔った。

バカはバカなりに、「あ、ひまわりっゴッホなんだ〜」「あー、あの夜のなんかくるくるしてるやつもゴッホなんだ〜」と思いながら展示を観てた。あれ"観る"っていうよりも、"過ごす"が近いかもしれん。あの展示は完全に時間の概念がある。

部屋の中では女の人が赤ちゃん抱いてあやしながら歩き回ってたり、立膝に肘を載せて背もたれに厨二病っぽく寄りかかる男がいたり、ずっと喋りながらたまに写真撮っててうるさい女子大生グループがいたりして、めいめいが何かを思いながら好きなように過ごす空間って感じで悪くなかった。

帰りの電車で思い返すと「あの空間は一体なんだったんだろう」って感じになるけど。人に勧めるかはわからん。でもまあ数日経って思い出すと「うん、悪くなかった」になるんだろうな。日本語って面白いね。「よかった」より「悪くなかった」のほうがなんか良いニュアンスを醸し出すんだもん。

 

出口はこちら、みたいな説明がなかったからどうやって帰ればいいのか様子を観てたら、ぽっかりと開いた黒い空間に人々が吸い込まれていってたから俺も吸い込まれるように出た。

カイジエスポワール号でジャンケンに負けたやつが連れてかれる扉みたいな感じがして、吸い込まれる時ちょっとドキドキした。

 

なんかまだその先にも展示があって、ゴッホが生まれてから死ぬまでのいろんなトピックスが時系列で表示されてる展示だった。「生まれる」とか「どこそこで働き始める」とか「耳を切り落とす」とかそういうやつ。

「仕事クビになる」「実家に戻る」「女にこっぴどく振られる」とかいろんなこと発表されてた。生きてるうちにはほとんど評価されなかったらしいのに、そんなことまで後世に全部公開されちゃってなんか気の毒な気もする。

 

こうやって芸術家の人生を知ると、作品も理解できそうな気がしてきていいね。これでもうピカソとは間違えないだろ。でも逆にそれが作品の解釈を固定させてしまう場合もあるからなんとも言えない。「こういう時代にこういう人生を送った人物だから、作品にそれが滲み出ている」みたいに単純に落とし込んでいって深く考えなくなるやつ。もうそうなっちゃったら美術を鑑賞する意味はあんまりないかもね。どんどん消費する方向に寄っていく。

あと経師紙きょうじがみの糊の匂いがして、昔よくバイトで展示会の設営に行ってた頃を思い出して懐かしかった。工程的に仕上げの立場だからか、現場の経師屋さんはみんなちょっと偉そうだった。

 

 

帰りの電車で改めてホームページ見て、「スマホとイヤホンがあれば解説が聞けます」と知った。そんでその後に、たまに行く別の美術館に寄って、いつも常設展にある好きな絵が展示されてなかった時の作者の気持ちを答えなさい。

ふふふヒーロー

エリザベス女王が長く英国女王を務めたの偉いなーと心から思うけど、なんかそれもあまり良い考え方じゃないのかもしれないという気がしてきた。長く総理大臣やったから良い政治だったのかと考えるとなんとも言えない。王族と政治家は全然違うとはいえ。

でも「長」と書いて「おさ」と読む側面もあったりするし、「いかりや長介頭はパー」って歌があったりもするし。長く長くいつも見守っていてくれる誰かを探して見つけて失ってまた探して。あの歌の歌詞『We will love long long time』ってすげえよな。私達は長く長く愛し合うでしょう、っておとぎ話の最後のページみたいでなんか美しい。

話戻すけど「本人は自分がなぜ殺されたのか知らない」って文章を読んで背筋が凍った。こわいな。でもあのニュースを聞いた日の夜は「多くの恨みを買うってことは、こういうことなんだな……」と感じた。政治の良し悪しとか本人の人柄とかは全く別として。あの日の夜に駅前とかで演説やってた人達は本当に怖かっただろうな。勇気を讃えるとかは全くないけれど、ただシンプルに、怖かったろうな……、と思う。

最近飲食店でタブレットで注文する店が増えて、注文した後に広告が流れてうざったいからって電源切ると画面に冴えないおじさんが映るのも怖い。あれほんと苦情出したい。9月でもまだまだ蒸し暑いのも苦情出したい。スプラトゥーン3勝てないのも苦情出したい。競馬より勝てねえんだもん。

あれ1をやった時は徐々に慣れて腕前を上げて壁に当たっちゃ乗り越えてを繰り返す形で本当に楽しかったんだけど特に今回は前作のデータを引き継いだせいで経験者の部屋に放り込まれちゃって勝率30%ですよ。ビッグアーサー前が壁!転職して役職クラスで入社したのに全然仕事できなくていつも会議でいじめられる人みたいになってます。

いや勝率50%のマッチングを謳ってるゲームなのに最初からずーっと勝てない部屋でやらされ続けるってどういうことなの。下手なんだからさっさと下手なやつらの部屋に左遷してくれよ。勝てねえから経験値も金も増えねえし。これ完全にカイジの言う「養分」だよね。任天堂がこんなプレイヤーを生み出すとは思わなかった。あーこの試合負けるだろうなーっていう負の勝負勘ばかり鋭くなる。データ消してやり直してみるかなぁ。

あとゼルダやった後だから高いところから飛び降りるのめちゃくちゃ怖い。ゼルダ神ゲーと言われる理由が結局最後までわからなかったな。もう世の中の良いゲームと俺の思う良いゲームが重ならなくなってしまったんだなぁと少し悲しい。ゼルダスプラトゥーン3をなんとかチケットってやつでお得に購入したのになんだかどっちも全然お得感を得られなかった。もういいよ。無料ゲームのホロキュアやるわ。

最近思うんだけど漫才の終わりにツッコミがもういいよって言って終わるけど「え?もういいの?」って時あるよね。ほんの2分くらいの持ち時間でネタやってだんだん面白くなってきたところでもういいよ!だもん。

子供の頃日曜日とかに家族で親戚の家に遊びに行って従兄弟と遊んでたらまだだいぶ明るい時間に親が「おーい、そろそろ帰るよー」とか言い出して「えっ?もう帰るの!?」ってびっくりするあの感じと近い。そこいくとオードリーは漫才の締め方が「お前と漫才やってらんねえよ」だから納得感あるよね。

わたし的ピンポイント名曲集その10

音楽を聴いててさぁ、ここのこの感じすげぇ好きだなってのあるでしょ。

読んだ人に共感されるのかどうか知らないけど、そういうアレを思いついた順にピンポイントで褒めてゆきますその10。

 

 

Flavor of Life / 宇多田ヒカル

最後のサビの歌詞『ダイヤモンドよりもやわらかくてあたたかな未来』がめっちゃ好き。字面だけ見ると意味わかんないけど、なんか曲聴いてると意味わかる気がする。

 

 

Rusty Nail / X JAPAN

イントロのキーボードがどうなってんのか意味わかんないんだけど、ほかの楽器が「ダーン!」って入ってくると一瞬で意味がわかる感じが好き。

 

 

チューチューラブリームニムニムラムラプリンプリンボロンヌルルレロレロ / マキシマム・ザ・ホルモン

イントロからいきなり『チューチューラブリームニムニムラムラプリンプリンボロンヌルルレロレロ』って始まるのが好き。

どんな曲だよwって思った人は検索して聴いてみよう。アップテンポでノリノリなロックです。

 

 

勝手にシンドバッド / サザンオールスターズ

サビ前の『お目に〜か〜かぁれてえぇ〜~~~~』が好き。特に理由はない。

 

 

Habit / SEKAI NO OWARI

『そんなHabit捨てる度見えてくる君の価値』のところのベース好きなんだけどセカオワにベーシストいなかった。

 

 

熱風!疾風!サイバスター / スーパーロボット大戦

イントロの『デーーーデーーーデーーーーーーー』だけでめちゃくちゃテンション上がれて好き。

 

 

Komm, süsser Tod/甘き死よ、来たれ / ARIANNE

イントロ聞いた瞬間に全身に訪れる脱力感が好き。

 

 

Revolution 9 / THE BEATLES

ちょうど真ん中くらいで右から聞こえる『はぶぶぶぶぶ はぶぶぶぶぶぶ』みたいなやつ好き。好き?好きではないけどなんかいい。

 

 

メインテーマ / オクトパストラベラー

一番最後の『デデデンデン』が好き。

 

 

少年 / 黒夢

2番の後の間奏で一度激しくなってその後にギターだけになる流れが、思春期の行き場のない混沌からの、束の間の解放、あるいは絶望の先に見えるものって感じで好き。

この曲は2番のサビまで全部フリで、この間奏が本当のサビだと思ってる。

 

 

パリは燃えているか / 加古隆

後半の激しいところから一番最後に静かになるとこの「なんか戦争とかそういうアレで何もかもを失って、ようやく人類は自らの愚かさに気づく。それでも人は立ち上がり、静かに荒野を歩き始める」感が好き。

 

 

バンザイ / ウルフルズ

ギターソロの後の『だからベイベー』『ベイベー』のとこの合いの手みたいなギター好き。

 

 

1/2 / 川本真琴

Bメロからサビの『2個の心臓がくっついて[くぅ]ちびるとくちびる目と目と手と手』って二つの「く」が合体するとこが好き。

 

 

おおぞらをとぶドラクエ3) / すぎやまこういち

メインメロディの裏で「タラララララララタラララララララ」って鳴ってるやつのリズムが一瞬ゆっくりになってタメたところからまた流れ出す感じが好き。

 

 

それゆけ!学級委員長 / 月ノ美兎

10秒くらいのとこでキョロキョロしてるのがなんかすげー"ありそう"な感じで好き。

 

 

ペケペケ / ユニコーン

奥田民生が歌う『あ好きなこと言ってなさい』の『あ』が好き。転調するとこ特に好き。

 

 

is this love / globe

イントロで「uh〜〜uhuh〜〜〜〜」って歌声が自然と入ってくるとこが好き。あれでこの曲のしっとりした雰囲気が醸成されると言っても過言ではない。

 

 

車線変更25時 / キンモクセイ

最後のサビ前にちょっと溜めるとこ好き。

 

 

 

←その9   

追い付け追い越せ引っこ抜け

聖闘士星矢の何がいいかわかった、熱血漢だろうがクールぶってるやつだろうが雑兵だろうが、登場人物全員、各自それぞれのドヤ顔してるんだわ

 

人生であと一度でいい、「テレビ点けたら笑っていいともがやってて、それを昼メシ食いながらなんとなく見て、そのままごきげんように流れる」あの時間を過ごしたい

 

アンパンマン!新しい顔よ!」って声を掛けている相手は、もう数秒後には古い顔になるんだな

 

発つ(たつ)って表現好き

 

宇宙(そら)はあんまり

 

俺が今のインターネットに何を求めているものなんて一つに決まってる、香川照之のおもしろコラ画像

 

英国女王が崩御されて、70年も国を治めるって改めてすごいなぁと感じると同時に、昭和天皇もやはりすごいんだなと思った

 

秋の天皇賞エリザベス女王杯、みんな頑張ろうな

 

「クイーンエリザベス2世」って世界で一番多いレース名かもしれん

 

なかやまきんに君のLINEスタンプを買うのを我慢するくらいの筋肉はまだ残っている

 

去年、日本馬がブリーダーズカップで2勝したんだよな……信じられん

 

「客はラーメンを食べているのではなく、情報を食べているんだ!」ってやつあるけど、競馬も情報に賭けてるとこある

 

ゼルダクリアした

 

フィールド上でひたすらザコ敵から逃げ回っていたことばかり覚えている

 

森の奥深くまでマスターソードを取りに行ったりしたのに、ラスボス戦でいきなり「はいこれラスボス用の武器でーす、これ使って倒してね」って渡されてたやつで戦うことになってひっくり返った

 

この10年で私がワクワクしたゲームは、スプラトゥーンとニーアオートマタです

 

ニーアオートマタの遊園地の雰囲気は本当に素晴らしく、圧倒的だった

 

スプラトゥーンの総プレイ時間709時間に対して、スプラトゥーン2の総プレイ時間は38時間だった

 

スプラトゥーン3が始まって「はぁ、また"アレ"をやるのか……」と重い気持ちで空を見上げたら、満月だった

BABY LOVE〜〜!!!

初期のサザン聴いたら死ぬほど格好良かった。バンドの歴史が長過ぎてどのへんを初期というのかよくわからんけど。

チャコの海岸物語』の歌い方めちゃめちゃ格好良くてびっくりするわ。衝撃を受ける格好良さだった。これはモテるわ桑田佳祐

俺は世代的に『マンピーのG★SPOT』とか『愛の言霊』あたりからだから、桑田佳祐のイメージは「ちょっと変わった陽気なおじさん」なんだよね。「桑田佳祐が格好良い」という事実を今回始めて知った。

 

そして日本音楽史上最もイケイケドンドンな楽曲『勝手にシンドバッド』。ベースまじかっけー。いいバンドってのはやっぱりベースがいいよね。知らんけど。

そんでイントロからずっとあのノリで突っ走っておいて、最後フェードアウトで終わんのかよ!どこまでも無責任でめっちゃ笑った。

いや、あのノリに終止符を打つほうが不粋なのか。サザンは粋な音楽であれ。なんか三四郎の小宮が言いそう。「サザンは粋な音楽であれ!」

 

デビュー曲の歌詞で『俺の家も近い』とか出てきちゃうのがすごい。いや『今何時?』のほうがすごいか。時そばかよ。

あと『胸さわぎの腰つき』ってワードがめちゃくちゃすごいんだって。俵万智が言ってた。そう言われてちょっと考えると、なんかそんな気がしてくるよね。なんたって俵万智だから。

 

このデビュー曲ですぐドカンと売れたのかどうかとかあんまり知らんけど、これ一発屋が売れるタイプの曲って感じするじゃん。そうかと思ったら『いとしのエリー』が3枚目のシングルなんでしょ。どんだけー。

いとしのエリー』はもうイントロがいいよね。一瞬でいとしのエリーの耳になる。晩飯カレーの時に、もう台所から漂う香りでカレーの腹になってるあれと同じ。

曲名が「愛しの」じゃなくて「いとしの」ってひらがななのもなんかいい。あと予測変換でいとしのエラーって出んのやめろ。

あと書いてて思ったけど『勝手にシンドバッド』と『いとしのエリー』と『チャコの海岸物語』が同じバンドの曲とは思えん。『希望の轍』はなんとなく通じるものを感じるけど。

 

希望の轍』もイントロがいいよなぁ。原坊の軽やかなキーボードで始まって、ヘイ!っつってすぐ『夢を乗せて〜』で始まっても何もおかしくないのに、もうワンクッション入れてちょっと雰囲気変えてくるのめちゃくちゃ好き。あのイントロBパートがめちゃめちゃ好き。これぞJ-POPって感じ。

でも『TSUNAMI』は嫌い。原坊のキーボードがキャンキャン耳障りでぜんぜん粋じゃない。頭痛くなる。そらお喋りできねえっつうの。

 

でもあれだよねー、メンバーに原坊がいるから『マンピーのG★SPOT』とかが許される感じあるよねー。「近くに女房いるのに調子に乗ってちょっとおイタしちゃった旦那さん」みたいな。

これ男だけのバンドだったら見え方がかなり違うと思う。『エロティカ・セブン』なんか夫婦でサビ一緒に歌ってるし。

あと今聴いてみると『マンピーのG★SPOT』もちょっと『チャコの海岸物語』みたいな歌い方しててやっぱり格好良い。

 

 

 

山上容疑者に支援金が入ると、あの事件の正当化に繋がるということらしい。いや国葬で無理やり全てを正当化しちゃうのも考え直してくれませんかねw

こうして我々は、持つ者と持たざる者の違いを見せつけられるのであった。桑田佳祐だったら、これをどのようにして粋な楽曲へと昇華してくれるだろうか。

 

ラムザ

おまえは何を手に入れた?

 

オレは……