母父トニービン

明るいところで読んでね

下手くそかよ

「下手くそかよw」ってツッコミが好き。「下手くそ!」って言わないの。相手を貶めないの。頭パシーン!ってはたくんじゃなくて「やれやれ、まったく君は下手くそみたいにやっているじゃないか」くらいの強さで肘で小突くの。

ひとつオブラートに包んであげるような言い回しは今の時代なのかな。時代関係ねえかべつに。なんでも時代って言いたくなるんだよおじさんは。

そうそうこの間、年配のおじさんからボンタンアメひと粒もらって食べたらめっちゃおいしくて、俺ももうおじさんだなぁとしみじみ思った。各位おじさんおばさん達、よろしくお願いします。

まだ売ってんだなあれ。昔父親がたまに食ってたけど子供の頃の俺はあの薄いオブラートがなんか気持ち悪くて、これ体に悪いんじゃないかと思いながら頑張って剥がして食べたなぁ。そんで当時は別に味も好きじゃなかったからほとんど食べなかった。

でも今回はめっちゃおいしかった。あの味は「うまかった」じゃなくて「おいしかった」の方が正確な表現という気がする。せがんでもうひと粒もらっちゃった。子供かよ。

さまぁ〜ずの三村が「〇〇かよ!」でちょっとブレイクした頃にちょうど女性タレントでミムラって人が出てきて、たまたま初共演かなんかの時に観てて「ミムラかよ!」って言ってて笑った。そら言うわな。

下手くそといえばこの前ダービーの日、直前のレースで大野って騎手を買って、思わず「うわ、へったくそ……」って口から出ちゃった。あそこで「下手くそかよw」って笑ってやり過ごせるのが大人なんだろうな。うるせえ大人だから馬券買ってんだよ。

 

この間俺の好きな東京ダート2100mで最低人気の馬が勝って、乗ってた騎手が自分のツイッターで大荒れになったレース結果を報じる各メディアの公式ツイートをリツイートしまくってた。べつに好きにすりゃいいんだけど「あーこいつ買わんとこ」と思った。あと面長の百獣の王タレントが競馬に関する恐ろしく薄いツイートしてて安心した。なんか中川翔子みたいになってきてないかあいつ。

あと去年の秋にちょっとしたことから毎回買う羽目になって外れ続けてたところからポンポンと勝ったマイネルアルケミーがいきなり重賞に出てきて、ビアンフェやカレンモエとかバリバリの重賞級相手にまあまあの7着だった。

まあまあの競馬すぎて、充分通用しそうなのかあれが精一杯なのかそれとも時間かけていけばなんとか渡り合えそうなのか、何にもわからなかった。情報のないレースだった。別に悪いレースじゃなかったけど、前の有力馬で決まっちゃう競馬って、お金が減ったという事実以外に何も残らないよなぁ。

 

エプソムCは最初からサトノフラッグ狙ってたけど戸崎で自信なかったから枠連ゾロ目込みのボックスで買った。同じ枠によく知らないけどちょっと人気してる馬が入って、こいつ邪魔だなーと思ってたらなんかその馬が勝って、サトノフラッグが最後2着に突っ込んでゾロ目で入った。

よくわかんねえ。馬連で買ってりゃ配当は枠連の倍近いんだけどその場合に勝った馬を相手に入れてたかどうかが不明。半々くらいの可能性で配当は倍ならまあ差し引きゼロなんだけど、きちんと配当が発表されてしまうので難しい。100%満足できた的中なんて人生で一度もないからね。そういう意味では大ハズレが一番安心できる。

何にせよ当たったぜっつって調子乗って最終レースで人気どころに絞った3連単を買ったら、変なのが3着に残っちゃって外れた。馬券下手くそかよ。

この馬で頭に持って来られないようなら今後割引いて考えようと思った戸崎はなんとか勝ち切ったけど、4着の騎手はもう1段階評価下げるか。もういいでしょうあの騎手は。

まあ馬券は外れたけど、強気に攻めて前傾姿勢で終えられたのは良かったと思う。これ大事よ。負けてる時にどうするかより、ちょい勝ちくらいをどう終えるかは大事。

子供の頃、大事マンブラザーズバンドの歌詞を『負けない事ニゲ 出さないことナゲ 出さないこと信じ抜くこと』って区切るんだと思ってて全然意味がわからんかった。出さないこと2回出てきてんのなんなんだろうと思ってた。『高価な墓石を建てるより安くても生きてる方が素晴らしい』はわかった。

おへそがちらり

 なんとかボンバーズの歌う『おどるポンポコリン』を耳にした。めちゃくちゃいい歌詞だな。震えたわ。

 あの音楽に乗ってるのをずっと聴いてたからとんちんかんでひたすらに無防備で楽しげな歌詞みたいに思ってたけど、ハチャメチャなのにすげえきちんと調整が効いてるな。『おへそがちらり』とか『ブタのプータロー』とか。短歌で喩えると五七五七までめちゃくちゃに感じられるのに、最後の七で画竜点睛しちゃって竜に命が宿る感じ。

 なんだろ、あのー、あれに近いわ。「レベルを上げて物理で殴る」。人生の攻略法のような作詞だ。あー待って。わかった。一言で表せるの見つけたわ。「つよい」。「強い」じゃなくて「つよい」。

 

 作詞は誰なんだろうと思って調べたらなんとさくらももこで、「す、素晴らしい……!」ってなった。さすがだ。さすがすぎて、「さすが」しか思わないもん。「なるほど、女性ならではの視点から発した着想がベースとなって……」とか何にも思わない。さすが。

 作品読んだことないけどマジで尊敬するわ。キオスクだかキヨスクだかわかんなくなって今だに困ってるけどそれも許せる。いや『もものかんづめ』くらいは読んだことあるのかなぁ。記憶にはない。

 あんなアンパンマンみたいに空虚で自分本位の正義感を押し付けてくるような歌詞とは全く違うもんね。『そ・う・だ』じゃねんだよ。そうだってのは引退レースの有馬記念オルフェーヴルが一気に先頭に立った時のような、「そうだ!そうだよ!お前が一番強いんだよ!行け!行けぇ!」って拳を振り上げて泣きながら叫ぶ時にだけ使うんだよ。

 やっべ何かを持ち上げるために別の何かを貶めちゃった。あれだよ狙って炎上することで記事を拡散させようとするタイプの人のやつだよこれ。あのー『勇気りんりん』好きだよ俺。あのイントロが聞こえてくると心がとても安らぐ。

 

 俺ももこちゃん全然見ないからあの歌詞の良さに気づけなかった。ももこちゃん?なにこちゃんだっけ。まるこちゃんか。ちびまる子ちゃんね。ボーッと生きてっからなんだかわかんねえわ。

 あれ?じゃあ主人公のフルネームはさくらまる子なの?姉ちゃんがさくらももこなのかな。なんでもいいわどうせ観ねえし。そうそうあのアニメはあの姉ちゃんのテンションが嫌なんだよ。あんなに明るいオープニング曲の後にあんなしかめ面した姉ちゃん見せられて誰が喜ぶんだよ。

 あれ?違うわオープニングじゃなくてエンディング曲だっけ。あれ?やっぱ観てねえから何にもわかんないわ。いやでも最初に観てた時のエンディングは西郷隆盛だった気がする。違うあの人名前なんだっけ。サウナで憂鬱など吹き飛ばして元気出す人。まあいいや。

 俺アンパンマンちびまる子ちゃんも観ねえで何観てたんだろ。ドラえもんチンプイは観てた。クレヨンしんちゃん世代ではない。エスパー魔美はまだ子供すぎて話がわからんかった。あとドラゴンボールムーミン観てたな。キテレツもなんかポップさがなくて暗いからそんなには観なかった。だからコロッケの作り方もわからん。そんなの常識?たったたらりら。

 

 YouTubeももクロバージョンの『おどるポンポコリン』聴いたらなぜか自動で次の動画に飛んで、『イッツ・ア・スモール・ワールド』をAKBが歌い始めた。俺あれ聴くと絶対泣いちゃうんだよ。あの曲の良さがわからないやつはもう何をやらせてもダメだよほんとに。アンパンマン聴いて満足してろ。

 そんでAKBの次はマルマルモリモリの動画に飛んだからパソコン捨てた。

亜鉛サプリ飲んでみた結果www

亜鉛のサプリが良いと小耳に挟んだ。ドラッグストアで買って飲んでみたら次の日めっちゃ元気出た。いや怖いわ。身体はちょっと疲れが残ってんのに気持ちが前向きになるんだよ。まあ逆よりはいいか。身体全快なのにメンタル最悪よりはいいよね。亜鉛亜鉛亜鉛 亜鉛を食べーるとー体体体体にいいのさー。

なんだよ亜鉛元素記号なんだよ。FeとMgは知ってるけど亜鉛わからん。じゃああれか俺は亜鉛不足だったのかーと思って亜鉛を多く含む食べ物調べたら牡蠣だのレバーだのあんま好きじゃないのばっかり出てきてとても納得できました。あのー、あれです。腑に落ちました。腑に落ちるって誤用なのかどうかよくわからんけど使わないようにしてる。そして使ってるやつを小馬鹿にしてる。

いや生牡蠣が駄目なだけでカキフライは好きだな。あのー牡蠣はあれかな。いや違うか。推敲しろよ文章を。えーとなに?あーサプリの話ね。いやもう書きたいこと書いたけど。じゃあなんか適当にボケとくか。おじいちゃん、東京オリンピックは去年やったでしょ。

 

 

大物Vtuberが近いうちに卒業というニュースを知って「えあっ」って声が出た。

まあVtuberっつってもたまにゲーム実況みたいな動画を再生して30分で飽きて消すみたいな感じだからあんまよくわからんのだけど、あの界隈には初音ミクのムーブメントに近い何かを感じてなんか気にしちゃうんだよな。ニコニコ生放送から流れてきてるやついっぱいいるし。いやニコニコ生放送ほとんど見なかったけど。どないやねん。

安田記念でお金が増えた時にどうしよっかなーって考えてたら5個目くらいに「スパチャでもするか?いやいやw」ってなった。スパチャしたことないわ。というかまず生配信を見ることがないのか。

競馬で勝ったら〇〇しようみたいなことは常日頃考えているけど、実際に勝ってみると「競馬で勝った金」でやりたいことなんてなんもないんだよな。臨時収入からそのまま支出に転用するんじゃなくて、ちゃんと自分のお財布から買い物したいみたいなのがあるのかもしれない。まあどちらにしても今回は一口馬主の支払いに回るので安心してください。でも見てよ今の僕を クズになった僕を

それとインターネット上のものに限らず「投げ銭」という行為に気持ちが向いたことがないんだよなぁ。外国の地下とかにあるセクシーなお姉さんが出てくるバーだか劇場みたいなとこで、胸の谷間に100ドル札をねじ込みたい!みたいな欲求を一度も持ったことがない。毎日亜鉛を飲み続ければそういう気持ちになるかもな。いいなー亜鉛が足りてるやつは楽しそうで。

東京のでかい公園とかでギター弾いてる人がギターケース開けっ放しにしといてよかったらお金投げてねーみたいなのあるけど電子マネーが主流になったらどうなるんだろうね。「なんとかペイ使えます?」「あーそれ手数料高いからやってないんですよー」みたいな。「音が鳴るまでタッチし続けて下さい」みたいな注意書きも必要になるよな。Znだって。

人間は成長することができる

おい夜中に耳元で飛ぶ蚊よ、お前誰のお陰でメシが食えてると思っているんだ

 

「推し」はわかるけど「推せる」がわからん

 

サラダにパサパサの豆入れる意味もわからん

 

毎朝テレビで注射の映像見せられてつらい

 

近所の唐揚げ屋のメニューから味噌唐揚げが無くなって以降その店舗が完全に景色になった

 

最近知ったんだけど日なたってあついね

 

町田とか厚木とか武蔵小杉とかどこにあるのかわからんし土地のキャラクターも全然知らないので笑いのネタに持ってこられても愛想笑いしかできない

 

蒲田と品川の位置関係もよくわかってないのでシンゴジラ見た時に頭の中でゴジラがあっちこっちワープしてて大変だった

 

よく考えたらクレジット-creditに「ジ」の要素がないことに気付いてそのうちエディット-editと同じようにカタカナ表記もクレディットに変わってくのかもしれない

 

久しぶりに電車のテレビ見たけどクイズの正解が出てくる前に目的地に着いた

 

タニノギムレットとかシンボリルドルフとかメジロライアンみたいに種牡馬入り最初期にすごい産駒出すけどそれ以降はそんなでもないみたいな現象マジでなんなんだろう

 

技術がどんなに進歩したところでそれを使う人間がダメなら最終的には間違ったものになると俺に教えてくれたニーアオートマタというゲームのシリーズ前作のリメイクが最近出たとかで始めてしまった

 

人間はやはり愚かだと身をもって知る

 

しかしハードルが完全に下がり切っているので「あれ?設定めちゃくちゃかよw」「はいはい出た出たw」「話に深みを持たせようとして逆に薄っぺらくなるのはもうこの制作者の癖なんだなw」と笑って済ませられるようになるので人間は成長することができる

 

発想は悪くないのに「こんなんどう?面白いでしょう?どう?どう?いいでしょ?どうかな?どうかな?」って何もかもが異常にくどい

 

雰囲気がとても素敵なクソゲーなのでぜひみなさんにもプレイしてみてほしい、『NieR:Automata』

ダノンキングリーG1勝ちやがった

 安田記念はもうどうせグランアレグリアが勝つんだろうけどダノンキングリー買いたいなーって土曜のうちにいろいろ買っといた。

 今日もお仕事だったから業務の合間で適当に他のレース買ってたら全然当たらなくて、3時の時点で残金0円になっちゃった。

 夕方になって「あーあどうせ安田記念も大穴狙いのせいで当たってないんだろうな……残高0円のままでがっくりくるいつものやつだ……どうして俺はいつもこうなのかな……」って見る前から肩を落としてたら、けっこうお金が増えててびびった。

 お金の増え具合から見てなんとなく結果は予想できたけど、帰ってレース見たらなんかダノンキングリー勝ってやんの。単勝複勝馬連ワイドに3連複と恐ろしい当たり方をしてた。川田がガッツポーズしないから俺が代わりにやっといたよ。

 でも競馬は難しいと思うのは、これ俺の好きな3連単フォーメーションの形

 

1着:◎◯の2頭

2着:◎◯の2頭

3着:そこそこ手広く

 

 で買ってりゃ10万馬券当てられたんだよなー。本当に難しい。んーまあでも今回は3連複までかなぁさすがに。他のレース当たってたらさらに何か買い足してたかもしれないけど、3連単買う気合いがあっただろうか。

 

 いやーでもやっとダノンキングリー勝ったよ。皐月賞でこいつが3着に来やがったせいで2頭軸フォーメーションでドンピシャだった3連単もあんまり配当つかなくて、毎日王冠の時は出遅れるの見てよっしゃ荒れろ!と思ったのに軽々と前を差し切ってやがんの。

 それ見てあーこれは本物だわと思わされたのに、絶好の条件だったはずの天皇賞をダノンプレミアムに譲ってわざわざ京都行ってマイルCSであっさり負けた。そして間違いなく勝つと思った翌年の大阪杯では本当に酷い目にあった。あの時はマジで頭おかしくなるかと思ったよ。

 前走の秋の天皇賞も本命はフィエールマンだったけどダノンキングリーからも買ってた。でも全く走らなかった。もし今回もいい走りができないようなら、もう諦めようかと思ってたんだよね。

 まー時間かかったけど、その分の好配当を連れてきてくれた。なんか、当たる時ってのは簡単なもんだな。でもまさかグランアレグリアに先着するとはねぇ。グランアレグリアの不安要素なんて探しもしなかったわ。競馬はわからん。

 

 そーいや安田記念って、あーやっぱりこの馬強かったんだなぁーとか、苦労してようやくG1に手が届いた、みたいなことがあるレースだよな。ロゴタイプとかサトノアラジンとか。あとはあのー、ツルマルボーイとか。ずいぶん飛んだなおい。アドマイヤコジーンブラックホークもそうかな。

 もしかして馬券的に安田記念けっこう相性いいのかな。ロゴタイプクラレント複勝、あのー、あとあれ。ブリッシュラックアサクサデンエン。また飛んだぞおい。その前年のスイープトウショウが2着に突っ込んできた時はもう天地がひっくり返るような驚きだった。懐かしいね。

 

 じゃあそろそろ締めるので、安田記念直前のレース、東京10R・麦秋Sあるあるを言いますね。

 

関西馬買っときゃ当たる!

 

 

最後に、去年の秋の天皇賞の日に障害デビューして勝ったスズカデヴィアスが、今日の中京1Rで予後不良安楽死になった。