母父トニービン

明るいところで読んでね

悪霊退散悪霊退散

俺もキムタクに無視されてみたい

 

東京都知事選で立候補者が多すぎて看板がいっぱいになっちゃったから継ぎ足すってやつ、アナログの極みという感じでめっちゃ好き

 

「安心価格」という表現は一体、誰にどのような安心をもたらすのだろうか、どういった目的で使用しているのか、他に候補はなかったのか、考え始めると心が安まらない

 

 

では問題です。

以下のうち、①と②のどちらが贅沢でしょうか?

 

サーティワンで、牛丼より高いアイスを買う

②自販機で、あんなちっちゃいのに200円とかするセブンティーンアイスを買う

 

正解は「両方買ってガッハッハと笑いながら食べる」でした

 

 

今年かなり安定してる大瀬良がノーヒットノーランの次も7回無失点で防御率0.96とかなってる

 

なんと交流戦を貯金2で終えられて、阪神に3ゲーム差の首位です

 

そう、首位です

 

Yes, we can.

 

ペナントレースの一部である交流戦に「優勝」という概念を持ち込む意味がわからん

 

なら交流戦沢村賞も表彰しろよ

 

君の名はもう8年前だってさ

 

2016年8月らしいからドゥラメンテが怪我で引退してマカヒキが海外遠征する頃だね

 

最近アーモンド効果売ってねえと思ったらあれグリコのシステムトラブルで出てないのか

 

松本人志がいなくなってもテレビが回るように、グリコの冷蔵品が出荷されなくても世の中はなんの問題もなく回るんだね

 

シレン6の最後の裏ダンジョンをクリアして、これもっかい最初からやってみたらどんな感じなんだろうと思って別のセーブデータ作って始めてみたらやっぱり装備が弱いせいでかなりキツい

 

一撃でHPの半分もってかれるのでアイテムで回復する意味もなく、その辺うろうろしてる敵全部に対して常に中ボスクラスの対応を強要される

 

「あっちに気を遣いながらこっちの対応をして、突発的な問題にも適切な手を打ち、物事の優先順位を間違えず、かつ先を見据えた準備もしておく」ってのを誰にも業務を振れない状況でこなし続けるので、仕事よりシレンのほうが圧倒的に消耗する

 

シリアルうめー

 

寝る時の「何秒かけて息を吸い、何秒止めてから、何秒で吐く」みたいなやつ、普通に苦しい

 

2歳の出資馬がいきなり去勢したと思ったら今度は稼ぎ頭の5歳馬も去勢することが決まった

 

この間のレースで前脚の橈骨を軽く骨折したようで、その時の調教師の「どっちみち去勢手術もあるんで、いい休養じゃないですかね」という発言から経済動物に慣れた感じが滲み出ててテンション下がった

交わす言葉も寒いこの街

飲食店で席に座ったらエアコン全開でめちゃくちゃ冷えてしまうこの季節がやってまいりました

 

5人組くらいの酔っ払いサラリーマンが赤信号を渡ってて、そこに便乗して俺も小走りで渡ったら「最悪車が突っ込んできてもあいつらが壁になるから俺は助かる」と思えて全然怖くなかった、ビートたけしの言う通りだった

 

ふるさと納税という制度が生理的にムリ

 

この本つまんねーから早く読み終わっちゃおう、と思ってたら200ページくらいのとこから急に面白くなってきた

 

あじさいすきおとかいう適当な名前で始めたのにずっと紫陽花が好きなままってのもすごい話だわ

 

昔、サイレントハンターという名前の競走馬がいて、「毎回ゲートが開くと同時にかっ飛ばし、単独の大逃げに持ち込んで、ゴールまでに他の馬に追いつかれなければ勝ち」という全然ハンターじゃない戦法が好きだった

 

10年前に俺は何が好きだったのか、今はもう思い出せない

 

だんだんVtuberの口が悪くなってきてて困る

 

モスバーガーハンバーガー2つとポテトL食べても物足りないから追加でホットドッグ頼んだらけっこうでかかった

 

ケチャップの甘味を全部消しちゃうマスタードまじでなんなのあれ

 

ニコニコ動画見られなくても俺はそんなに困らないけどどうか頑張ってほしい

 

イクイノックスのドバイシーマCを見返したら強すぎて「え?……な、うわぁ……」ってなった

 

ドーフィネはログリッチが勝ったらしい

 

あと2週間かそこらでツールドフランスが始まるというこのじんわりとした希望、若い頃の梅雨明けに感じた「夏が、来る……!」ってやつと少しだけ似てるかもしれない

 

そうか……つまり、交流戦をなんとか5割で乗り切ることができれば、セリーグの他球団は勝手に落ちていくように仕組まれていたんだよ!!

 

な、なんだってー

 

九里が2安打完封、そら大瀬良には負けてられませんよ

弱点なんて見当たらない

チキン南蛮好きだけどタルタルソースが嫌い

 

YouTubeX JAPANにまつわる動画を見てたら、最後に「高評価・チャンネル登録……はどうでもいいので、カラオケで紅を歌ってください!」って言ってて、そのノリはよくわかるがさすがに1人カラオケでないとチャレンジできない

 

チョコレート屋さんに入ったら入口でサンプルとしてひと粒くれたので毎日行くことにした

 

ニトリで買い物したらレジの音声で「セルフレジ周りでのお忘れ物が多くなっております」って流れて、そりゃあこんなシステムにしたらそうなるよね

 

「彼氏がセルフレジで買い物した後にバーコードスキャナーを定位置に戻さなかった」とかで別れるカップルでてきそう

 

不惑とかいうけど、惑うのがもうめんどくさくなっちゃったのとそれによって生じるデメリットも適当に受け流すようになってきてるのが実態なのではないか

 

安田記念はなんか無性にウインカーネリアンが買いたくなった時点でもう当たり外れや勝ち負けとかいう問題ではなくなっていた

 

テンハッピーローズの激走を見てからもう予想がぐちゃぐちゃでどうにもならん

 

東京ダービーがすごい売り上げだったらしいけど地方競馬の関係者とファンのモチベーションはどうなっていくんだろう

 

出資馬が2頭出走して、両方ともまあ先に繋がらないこともない競馬だったけど結局のところ状況はずっと変わらないままなので、正直なところやや飽きを感じてきている

 

1歳馬のラインナップ見たら父親がキズナエピファネイアばっかりでちゃんと売れるのか心配

 

カープ5連敗して心配したけど阪神も勝ててないらしいのでヨシ!とか思ってたら大外から巨人が突っ込んできてた

 

と思ったら3連勝で大瀬良がノーヒットノーラン決めたぞい

 

マツダで佐々木朗希を打てれば交流戦で貯金を作れるかもしれない

読書メモ

なんか頭よさそうに見えるから俺もやろう。

 

南川高志『マルクス・アウレリウス 『自省録』のローマ帝国

2世紀のローマ皇帝マルクス・アウレリウスが買いた『自省録』。内向きな散文の集まりで、皇帝の仕事のこととかは全然書かれていないらしい。

 べつに本にするつもりとかじゃなく日記に近いノリで日々書いていたそうで、後に誰がまとめたのかとかもよくわかんないんだって。

 

 

明けがたに起きにくいときには、つぎの思いを念頭に用意しておくがよい。

「人間のつとめを果すために私は起きるのだ。」

自分がそのために生まれ、そのためにこの世にきた役目をしに行くのを、まだぶつぶついっているのか。それとも自分という人間は夜具の中にもぐりこんで身を温めているために創られたのか。

(中略)

いったい全体君は物事を受身に経験するために生まれたのか、それとも行動するために生まれたのか。

小さな草木や小鳥や蟻や蜘蛛や蜜蜂までがおのがつとめにいそしみ、それぞれ自己の分を果して宇宙の秩序を形作っているのを見ないのか。

(第五巻一)

 

 

人皇帝はん偉いどすな。普通それで起きらんねえって。

 

 

 

シェイクスピアジュリアス・シーザー

後半めっちゃ面白かった。なんかめっちゃ時代劇だった。訳のせいかもしれない。

面白かったからマクベス買ったけどまだ読んでない。あと昨日シーザーサラダ食べた。

 

 

ブルータス シーザー、今こそ心を安んずるがいい。おれは、その胸を刺しはしなかったぞ、今ほど明るい心を持って。

 

 

 

 

 

児玉真美『安楽死が合法の国で起こっていること』

俺は安楽死といえば「医者が患者に注射して殺すやつ」をイメージしてたけど、「薬物の点滴を医者がセットして、そのストッパーを患者が自分で外す」とかもあるらしい。どっちも日本では違法。

 

回復の見込みがほぼない重い病気の人が、それでも苦痛に耐えて生きて、たまに「もう、疲れたな……」と思った時に、待ってましたと死なせてあげるのは、病人に手を差し伸べることになっているのだろうか。

患者が一度でも安楽死を決断すると、その時の「手続き」は驚くほど簡単に進んでいくんだって。なんかこわい。

でもそうすることで、高額な医療費をカットできたり、病院のベッドがひとつ空いたり、安楽死者の臓器を他の患者に提供できて、他の人が助かったりするという側面もある。

そういうわけで、安楽死が合法化された国では、そのハードルが徐々に下がっていくらしい。

 

後半ちょっとつまんなくなったけど、めっちゃいい本だった。人に勧めるなら、この本が一番かもしれない。

ところで「患者に」って変換しようとして「関ジャニ」が出てくるのなんとかなんないっすか。

 

 

 

本郷和人承久の乱 日本史のターニングポイント』

俺は最初に「守護と地頭と国衙と荘園ってなんやねん」から始まったので、本書を開いて何ページも読まないうちに自分で検索して調べちゃった。

もしかして、こういう行動を「勉強」というのだろうか。

 

文字と画像で見る | 日本史 | 高校講座

↑これめっちゃわかりやすかった。卑弥呼から江戸時代まで読んじゃった。

ほんで後からよく見たら、鎌倉時代はこの本の著者が解説してた。

 

ところで昔は、源頼朝征夷大将軍に任命された1192年から「いい国作ろう鎌倉幕府」って言ってたじゃん。

競走馬でカマクラバクフってのがいて、何か月か前に1番人気で出走したレースで、3連単が「11→9→2」で決着したらしいよ。

本の感想書いてないけど、めちゃくちゃ面白かったです。

 

 

 

佐藤雄基『御成敗式目 鎌倉節の法と生活』

最初に作ってまとめるのってすごいよな。

しかも自分たちの都合がいいように作ったんじゃないってのがすごい。承久の乱以後に武士の時代になってきた中で、武士・御家人たちがやりたい放題しないように作ったんだって。

「ただ法だけ作って裁判やってくと、今度は法を知らずに罪を犯して罰せられるやつが出てきちゃうのが忍びないから、ちゃんと成文法として作って広く周知させる」ってスタートしたのがすごい。はーすごい。

 

 

 

太田省一『「笑っていいとも!」とその時代』

なんかテレフォンショッキングで電話番号を間違えて普通の人の家に電話かけちゃって、その電話に出た一般の人が次の日にそのまま出演したことがあったらしい。

そういう番組全体の緩いノリと、司会者なのに一切司会進行をしないタモリと、生放送で観客が勝手に喋ってきたりするあの感じこそが「いいとも」である、と。

 

俺も「いいとも」を言うほど見てたかっていうと、そういうわけでもないんだけど。我々の世代は大体みんなそんなもんじゃないかという気もする。

生まれた時から当たり前にやってるから、取り立てて話題にすることでもないというか。そう考えるとすごいね。

ちなみにミュージックステーションはそこそこ話題になってたように思う。「今日Mステ誰出る?」「タモリ」「うるせえ」って。

 

でももう10年も経つとすっかり過去のものだね。

テレフォンショッキングの、観客の「そうですねー」「えぇーーー?」は今でも多少伝わるけど、ポスター広げて「おーい、これ貼っといて」はもう誰にも伝わらないと思う。

 

本の感想としては、あんまり面白くなかった。

時代がどうとかタモリがどうとか著者のこじつけ論理が飛躍していって、書いてるほうは楽しそうだなぁと思った。

 

 

 

北野充『アイルランド現代史』

 

 

選挙の結果、フィアナ・フォイルは44.5%の得票で72議席を獲得して第一党となった。
(中略)

これにより、内戦の勝者が内戦の敗者に政権を委ねることができるかが問われることとなった。新たな議会に初登院する際、デ=ヴァレラは息子ヴィヴィオンを伴っていたが、ヴィヴィオンは拳銃で武装していた。他にも議会に登院する多くの者が武装しており、機関銃を持ち込んでいた者までいた。

クマン・ナ・ゲール側が武力に訴えてでも権力の引き渡しを拒否するのではないかとも噂されたが、コスグレイヴにはそのような考えはなく、淡々とライバル政党に政権を譲った。
 それは「人々の意思が勝利し、政府の民主的な交代が行われるという、コスグレイヴがそれまでの10年間に努めてきたことの最終的な結果」(マイケル・ラファン)を受け入れたものであった。

 

 

ここがすごかった。

 

 

 

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

俺に全然合わなかった。そのせいか、読むのにめっちゃ時間かかった。

 

 

 

蛯名正義『調教師になったトップ・ジョッキー』

昔の競走馬の名前がたくさん出てきて懐かしかった。 蛯名がドバイで乗ったことがない、ってのがめっちゃ意外だった。

美浦トレセンが北と南で分かれてた話も書かれてて、そういや俺が競馬始めた頃にそんなのあったな!って懐かしかった。

一番面白かったのは、競馬学校時代に厩舎研修に行って、その最初の週末に始めてパドックで厩務員と一緒に馬を引いたら、それがギャロップダイナシンボリルドルフ負かしたって話。

 

 

 

中谷功治『ビザンツ帝国

 

全然覚えてない。

本当に読んだのかすら怪しいと思えてくるが、読んだものは読んだ。

 

 

 

ジョージ・オーウェル動物農場

題名だけ見てどんな話なんだろうかと思ったら、なんかやっぱり『1984』に近いノリがあって面白かった。途中まで何の話なのかよくわかんないのもよかった。

知ったようなことを言うだけの、あの冷笑的なロバが一番タチ悪いね。

 

 

 

Mr.COOLの近くにいるとミラクル

花屋の店先に並んだ紫陽花の鉢植えをチラ見したら4400円だった。高くね?

でも今まで紫陽花の鉢植えなんてずっと興味なかったのに、ちょっと買ってもいいかなぁなんて思った。

玄関先に紫陽花あったらなんか心にゆとりを持てそうじゃん。お台場にガンダム置いとくくらいの経済効果があってもおかしくない。

でも鉢植えってなんか「まあ最悪枯らしちゃってもいいか」くらいの心構えな感じがあって、やっぱり抵抗がある。

切花とかもそう。自分の楽しみのために、草花を本体から切り取って寿命を縮めるのはどうしても気が引ける。一歩間違えば吉良吉影だからね。

 

 

ちょっと気管支の調子が悪くて医者で検査したら、肺周りの年齢が63歳相当だったらしい。

63歳になるとこんなに空気を取り込めなくなるのか。不調で機能が落ちてるのは治していけるからべつにいいけど、これが日常なのはしんどいなぁ。

そりゃあ横柄でイライラした年寄りが多くなるってもんだ。空気吸ってこうぜ!

 

 

ダービーつまらんかった。

まず、土曜日の欅Sで川田に突っ込んでやられてしまった。ちょっと出したらすぐ掛かって内から交わされて一度も先頭に立つことなく2着。ほんと最悪。

ここで稼いどけばダービーで大きく空振っても「やっぱ競馬はわかんねえなガッハッハ」で楽しく終われると思ったのに。全く逆の流れになってしまった。

仕方ないから10番人気のビザンチンドリーム買ったら、勝ったのは9番人気のダノンデサイルだった。つまらん。

レースも結果もつまらなすぎてイライラしてたら、Twitterでみんなが優しく盛り上がってなんでもかんでも良い話にしちゃう空気になってた。大一番であのダノンキングリーやノームコアでいきなり逃げて平気で負ける騎手がひたすら持ち上げられてたからスマホ捨てて野球見た。

栗林がもう100セーブ達成してた。いや早くね?この間のオリンピックの年に新人だったのに。

ちなみにカープは現在貯金5で、首位阪神と0.5ゲーム差です。

もし1シーズンに1回だけセーブできるとしたら、交流戦直前のここだよな。

っていきなりオリックスからかよ。あいつがマツダに来るのか。最初にどこにぶつけるのか楽しみだ。