母父トニービン

明るいところで読んでね

すきなものたち

1年間に、好きなものを1日ひとつずつ挙げていくことにした。

風呂で思いついて始めることなので、飽きたらやめる。飽きなくてもやめるかもしれない。
既に書いたものとかぶっていてもいい。
毎日コツコツ続けることに意義があるとは思っていない。
しばらく抜けたとしてもそのぶんは後日埋める。埋めずに放っておくかもしれない。
事実もう1/5なので1/1~1/4のぶんは今考えた。
逆に、超えてやる・・・スーパーサイヤ人を・・さらに!!のベジータのテンションで毎日続けるかもしれない。
 

 

  • 9/1 けものフレンズ
  • 9/2 かばんちゃん
  • 9/3 サーバルちゃん
  • 9/4 カラフルラムネ
  • 9/5 グラスワンダー
  • 9/6 今年買ったシャツ
  • 9/7 安心
  • 9/8 冷たい水
  • 9/9 床
  • 9/10 笑いに変える
  • 9/11 アメリカンブルー
  • 9/12 降ったり止んだり
  • 9/13 ぼくのフレンド / みゆはん
  • 9/14 スーパーガンダムという命名
  • 9/15 からあげ
  • 9/16 ロックマン
  • 9/17 駅まで車でお迎えに来る感じ
  • 9/18 広島カープ
  • 9/19 靴下を履かないでいい気候
  • 9/20 散歩からのコンビニ
  • 9/21 草花
  • 9/22 通り雨のざわめき
  • 9/23 ベーシックに白という選択
  • 9/24 日曜のカーペンターズ
  • 9/25 朝
  • 9/26 テーブル
  • 9/27 品
  • 9/28 ゆっくり歩く
  • 9/29 思考
  • 9/30 薄手のやつを羽織る感じ
  • 10/1 木陰
  • 10/2 ひらがな
  • 10/3 ゆっくり流れる雲を眺めてる感覚
  • 10/4 投手戦
  • 10/5 茄子
  • 10/6 絶望
  • 10/7 トリニダード・トバゴの語感
  • 10/8 新しい道
  • 10/9 縁
  • 10/10 刺身
  • 10/11 にこにこ
  • 10/12 洗濯
  • 10/13 情報に基づく冷静な判断
  • 10/14 ハリ
  • 10/15 お菓子
  • 10/16 思い出
  • 10/17 CD
  • 10/18 ハンバーグ師匠
  • 10/19 ミルクパンみたいなやつ
  • 10/20 スー(うちの3姉妹
  • 10/21 Civilization
  • 10/22 風呂
  • 10/23 カレー
  • 10/24 少しずつ洗練されていく感じ
  • 10/25 牛乳
  • 10/26 秋晴れの空気
  • 10/27 焼肉屋
  • 10/28 ひらめき
  • 10/29 武豊
  • 10/30 デジタル数字の時計
  • 10/31 長嶋一茂
  • 11/1 毛布
  • 11/2 七分袖
  • 11/3 秋の日差し
  • 11/4 スポーツの興奮
  • 11/5 秋競馬
  • 11/6 やるべきことを消化してく感じ
  • 11/7 問題へ対策を講ずることによって得られる将来への安心、からの油断
  • 11/8 ハンバーガ
  • 11/9 英語
  • 11/10 土
  • 11/11 鞄
  • 11/12 シン・ゴジラ
  • 11/13 コーヒー牛乳
  • 11/14 国旗
  • 11/15 バターピーナッツ
  • 11/16 勝ったり負けたり
  • 11/17 付き合いが長いおっさん
  • 11/18 ロトのつるぎの字面
  • 11/19 スニーカー
  • 11/20 足腰
  • 11/21 午後
  • 11/22 優しさ
  • 11/23 夕方の雲

だだっだっだだん

目次

 

  

あらがきゆいのユーチューバー風のチキンラーメンのCMがギリギリすべってないラインに収まっていてかなり良い

あれ石原さとみがやってたらすべってそうな感じだもんな

またリーガルハイ見たい

 

流行語大賞は忖度の圧勝だろうとずっと思ってるけどそうでもないのかな

ちーがーうーだーろーはなさそう

 

日が短いのってこんなにしんどかったっけ

これからの時期は苦手だ

 

「購読しているブログ」って出るけど金払ってなくても購読って言うのかずっと疑問に思ってる

貝は太古の通貨だから貝へんの漢字はお金に関わるって習ったけど

 

みんなよく500人も600人もTwitterでフォローできるよな

目が回りそう

 

なんか競馬つまんないんだけど

あいつらいっつも同じとこ走ってるんだもん

 

イケメンだの金持ちだの結婚相手に求める条件がやたら高い人って要は安心したいんだよね、わかるよ

って言って回ったらモテるかな

 

「ニワカをバカにするコアなファンが業界を衰退させる」って言うけど、DMMバヌーシーを小馬鹿にしてる一口クラブ会員ってまさにそんな感じに見える

俺が一口馬主やらないのってもしかしたらそっち側に行きたくないからってのがあるのかもしれん

俺は俺で独自に小馬鹿にしている部分はある

 

「〇〇は▲▲のパクり」「いや▲▲よりも〇〇のほうが先」みたいな諍いをたまに見るけど、あんパンよりも先にアンパンマンを知る可能性のほうが高い時代なんだからもう仕方がない

しかたないね

 

まあ俺からしたら今年も来年も午年だけどな

さ、洗い流そ。

君がいた夏は遠い夢の中

さいたま国際マラソンでまた優勝したダニエルさんが、序盤の給水で飲み終わった紙コップをちゃんと仮設のゴミ箱に向かって投げててすごかった

 

いちおう見に行ったんだけど、日本人よりも外国人のランナーにより応援を送りたくなるのはなんだろうね

 

マダガスカル

 

言いたいだけ

 

スッキリするからみんなも言ったほうがいいよ

 

中日の八木引退かーけっこう寂しいもんだな

 

ところでセリーグMVPは鈴木誠也でいいよね

 

丸かな

 

「すみません、ブログ今日中にアップできると思います!」って一回言ってみたいな

 

コンビニで「袋は結構です」って言ったらなぜかコロッケ買わされそうになってた

 

さみーからポトフ作ってみたらめっちゃうまくてロシア人はいつもこんなん食ってんのかーと思ったけど、いやロシアはボルシチだったわと思ったらボルシチウクライナらしいからもういいです

 

内向的とか外向的とかもういいから地球を思いやりながら宇宙に向かって進もうぜ

 

あーゴジラもっかい見てえなー録画すりゃよかったかなー

 

人のブログに行って「ゴジラ」で検索して感想読んで戻る行為のヒットアンドアウェイ感がなんか楽しい

 

起こったことに対する距離感と立場は人それぞれでも、だいたいみんな同じ戦争の悲しい話を聞いて育って、同じ災害を経験して、同じ汎用人型決戦兵器見て、同じゴジラ観て、そういうのを「同じ時代を生きた人」っていうのかなーという気がした

 

いい映画観た後ってなんかそういう大きな気分になるよね、『エヴァ破』観た後もなんかそういうのあった

 

もうどうせならラストシーンで『甘き死よ、来たれ』が流れたらいいのになーと思ったけどでもそれじゃゲームオーバーだよな

 

一番好きなシーンは、夜にゴジラの背ビレが紫色に光って「あっ(これは全員死ぬ)・・・」って思うところです

 

そーいや子供の頃ゴジラメカゴジラ観に行って、なんとなくゴジラはダークヒーロー的な存在でメカゴジラのほうがわるもんだと思ってたのに、ゴジラが完全に人間を殺しにきたのがめちゃくちゃ衝撃だった

 

晩秋の京都の直線で影が長く伸びる感じ好きなんだけどエリザベス女王杯は曇りだったんだよなぁ

 

こんなのミッキークイーン圧勝以外ないだろと思ったけど3着だった

 

まあ真っ直ぐ走ったからよしとするか、ってよくねえよこのハゲー

 

流行語大賞で「ちーがーうーだーろー」がノミネートされてて、「いや『このハゲー』でノミネートされるべきなんだよ」って力説してる人がなんか面白い

 

「このハゲー」の予測変換候補が「木の葉ゲー」で面白い

 

ルージュバックもそうだけど、まさかスマートレイアーがG1勝てないまま終わろうとしているなんて誰が想像したよ、信じられない

 

次は香港行くのかぁー頑張りんさいよ

 

スマートレイアー愛知杯ルージュバック有馬記念、あとエイシンヒカリの朝日チャレンジCにトーセンラー七夕賞はまじで意味のわからんローテだったなぁ

ボードゲームやるフレンズ2

なんかボードゲームやろうよっつって集まってボードゲームやった。

 

ペンギンパーティ

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム

 

5色・全36枚のカードがプレイヤーに手札として配られて、それを交代でルール通りに、なるべく手持ちのカードを使い切るように場に並べる。一番下の段が8枚、その上の段は7枚、その上は6枚・・・と最終的には平面のピラミッド状になるように置いてゆくのがルール。

トーナメント表のように、ひとつ低い段に並んだ2枚どちらかの色のカードのみを上の段に置くことができ、手札のカードを場に置けなくなったプレイヤーから脱落。ラウンド毎に手元に残してしまったカードの枚数分だけマイナスポイントが加算されていって、その累積が一番少なかったプレイヤーの勝ち。

 

並べ方は画像1枚探して貼れば一発で伝わるんだけどまあいいや。頂点まで完成することは稀らしい。

「自分の手札を使えるように上の段へ繋ぐ/相手の狙いを封じる手を打つ」の判断と、中盤で諦める部分はさっさと諦める、という割り切りの素早さも求められそう。といってもそんなに目を血走らせてやるようなゲームでもない。

これすごいわ。こういうシンプルなルールながら読みも必要な(かつ明るい雰囲気の)ゲームを作れるのすごいと思う。色合いも絶妙だった感じある。

 

4人の容疑者 湯けむりに消えた謎

「容疑者・時間・場所」がそれぞれ個別の組み合わせで割り当てられた16枚のカードのうち、伏せられた1枚を的中させれば勝利。ただし的中させるチャンスはその宣言をしたうえで一度きり、外すとゲームから脱落になる。

残りのカードが手札として各プレイヤーに配られる。場に出る質問カードを使って他プレイヤーの手札に関する情報を集め、消去法で正解を絞り込んでゆき的中を目指す。

 

16枚の一覧表が載ってる専用のメモ用紙があるから便利なんだけど、「Aさんはこのカードを持っていないがBさんは不明」「この3枚どれかがBさんの手札候補」など、未確定ながらもあたりが付き始めた時の”メモの書き込み方マニュアル”の構築がまずは必要かなー。集めた情報全体の整合性が取れなくなると終わる。

いま考えてみると、とにかく当てれば勝ちなので、7割方これだろうという予測が見えた時点で突撃するのも手、という気もする。ただ、自分が何を知っているのかはメモで分かっても、自分の手札に関して何を知られているのかまではなかなか気が回らないので、突撃のタイミングの見極めは難しいかもしれない。

やり込んで慣れれば決着も早まりそうだけど、3回くらい連続でやると飽きてしまいそうでもあるので難しい。

 

ダイスエイジ

ダイスエイジ

ダイスエイジ

 

ダイスの出目である1~6の数字にランダムで割り当てられた得点カードを狙って、複数のダイス(最初は5個だったかな)を同時に振り、出目の数字のところへダイスを配置する。配置しなかったダイスは次のターンに振り直せるが、1ターンに必ずひとつは配置しなくてはならず、また逆にいくつ配置してもいい。

複数のプレイヤーが同じ数だけダイスを置いた場所は、後から置いたプレイヤーが得点カードを取れる。それを狙って後半まで粘るのもありだが、各ラウンド終了毎にダイス追加などのボーナスがあり、先に抜けたプレイヤーから好きなものを選べるようになっている。

全員が全てのダイスを配置し終わると次のラウンドへ進み、4ラウンドでゲーム終了。

 

ダイスをまとめて一気に振るのが楽しい。いいボーナスを狙って早抜けするか、最後までダイスを振り続けて得点カードを多く取りにいくか、考えたところで結局はダイスの出目次第なんだよね。人生かよ。

最後の得点集計時に、同じ数字の得点カードを一番多く集めているとそれに応じたボーナス得点が入るので、後半はそれを狙う流れにになってくる。最終ラウンドは100万点!みたいのはない。

ダイスのランダム感と緩めの戦略性が混ざって、勝った負けたも軽い感じなので全然疲れない。最後の得点計算だけがちょっとめんどくさく感じた。

 

トリックオブスパイ

1〜9の数字カードが赤青白のそれぞれ3色・計27枚のうち、場に伏せられた1枚を当てるゲーム。一部のカードは最初から表が見えるように盤面に置かれ、その残りがプレイヤーに手札として配られる。

毎ターン手札から1枚ずつ出してその強さで勝敗を決め、2人だけが答えに対するベットをできる。また、そのカードが七並べのように少しずつ場に並んでいき、徐々に答えが絞られる。

ベットは例えば広い範囲に賭ければ配当が安いなど、カジノのルーレットのようになっているので序盤は大まかに、後半に進むにつれて範囲を絞ってピンポイントで的中させられるようになる。3ラウンドの合計得点を競う。

 

相手の賭け方から手札を推理することもできるが、俺はドラクエのメッセージ欄のように古い情報からすぐ消えていく人間なので、コツを掴むまでには至らなかった。当然自分の賭け方から持ちカードの推測もされる。

それにそもそも最初のカード勝負の結果でベットできない場合もあるので難しい。というか、今回はもう相手の勝負強さが圧倒的に優っていたなーという感じ。歯が立たなかった。

 

ナショナルエコノミーメセナ

ナショナルエコノミー・メセナ

ナショナルエコノミー・メセナ

 

プレイヤーが経営者となっていろいろな効果のある施設を建設し、そこから運用益を得たり建物の売却をするなどして、規定のラウンド内で事業を一番拡大したプレイヤーが勝ち。プレイヤーが売却した施設は公共物になるので全員が利用できる。

自社所有や公共の施設の効果は、自社の労働者をそこで作業させることで得られる。労働者は増やせるが、毎ラウンド終了時に現金で給料を支払う必要があり、その額もゲームが進むと少しずつインフレする。基本的に金が足りないゲームなので自社施設を売却することにも繋がり、それで自然と公共施設の充実にもなる。

 

おそらく序盤の手札の流れ次第で金が渋い社会になったり経済がよく回る社会になったり変化するんだろうな。セオリーのような勝ち筋が一定しないゲームかもしれない。複数の施設によるコンボ効果などもあるようなので、勝ちに向かうルートが何通りかに大別されそう。必ずしも「玄人向け」じゃないけど、玄人同士の対戦が盛り上がりそう。

日経新聞の見出しだけ見て「はぁ~、日産がねぇ~」って言うだけの人間なので経済には詳しくないけど、企業側から見た経済の縮図という感じなのかな。企業が内部留保したくなる気持ちもちょっとわかる。ちなみにこのゲーム内だと借金は大きなペナルティになる。

っていうかアマゾンリンク貼ろうとして気付いたんだけど、これスパ帝国のゲームかよ!こういうの作ってるんだなぁ。随所になんとなくCivilization感が漂ってるなぁと思っていたら。

もう少しやり込んで慣れればサクサクと何ゲームでも楽しめそう。

 

 

おもしろかったー。これ得意かも、これ不得手かも、みたいなのがちょっとずつ見えてきそうな感じもあるけどまだまだ経験不足だな。といって一人で武者修行はなかなかハードル高いしなぁ。おっさんレンタルとかで一緒に行こうかな。

ゴジラとシンゴジラ

っていうかふざけて「ゴジラメカゴジラ」とか言ってたらテレビでシンゴジラやってるのすごくない?なにこれ。たまたま教えてもらってなかったら見過ごしてたわ。

こういう謎の偶然あるよね。謎の偶然は実は必然で「ほんとは知らないうちにどっかで情報を得ていてそれが無意識に発現しているのですよなにせ人間は自身の脳の何割も意識的に使えていないのですから」説もあるけど俺は「偶然かどうかはべつにどうでもいいからへーそういうこともあるのねって思うだけ」説を提唱しています。

いや去年映画で観なかったのちょい後悔気味だったからテレビでやる時絶対見ようと思ってたんだよ。だからこれまでに人が書いた感想とか一切読まなかったもんね。あぶねーあぶねーほんとに命の恩人だわ。

 

 

いやーいい映画だな。いい邦画だ。

放射能に核に折り鶴でしょ。いい邦画だよ。竹野内豊の言う「日本のスクラップアンドビルド」にはあれもこれも含まれてるんだろうなきっと。あれもこれもには各自でいろいろ当てはめてください。

こんなの感想まとめようにもまとまらないし、そもそもブログで何かを上手にまとめる習慣がついてないのでもう1999年のグラスワンダーvsスペシャルウィークの話でもしようかと思ったんだけどもう少しがんばろうということで箇条書きに近い感じで書きます。

 

・この後どうなるんだろうみたいなことをずっと思ってたような気がする。そういうの久し振りだった。

・なんかほんとにエヴァ感すごいわ。音楽もそうだけど。カット割りっていうの?そういうカメラの位置とか電信柱と標識とか車の列とか。あーこれ見たことあるー!ってなった。

・あのティンパニの音楽がそのまんましっくりくるのもなんかすごいよな。すごい。エヴァに普遍性があるのか、我々の普遍性にエヴァが棲み付いたのか。俺がバカなのか。

・っていうか最初の映画のゴジラでどうやって撃退したのか知りたくなってくる。あとで調べよ。

・「やったか!?」って言うの、笑っちゃうよな。所謂「やってないフラグ」の一番手だろそれ。

・なんだろあのゴジラに対する恐怖と絶望感。絶望の向こうにある快感。エヴァの時には使徒を食う初号機に同じものを感じたんだよなー。

・「危機で日本が成長した」ってのは逆に言うと平和ボケしとるってことかな。平和が一番だけどねぇ。麻雀もだいたいタンピン系いきます。

・途中でちょっとニューガンダムのラストシーンを思い出したけど、どのシーンで思い出したのか忘れた。あれは子供心に感動したもんだった。

・当たり前っていうのかな、この映画に出てくる人って全員ゴジラを知らないじゃん。他は全て現実と共通してんのにゴジラだけ全く知らないのうける。感情移入できない。

・感情移入できないといえばけっこうリアルっぽい感じはあるけど、一方で「んなことあるかい」感も強くて、でもご都合主義みたいなのは感じなくて、でもちょっとあって、まあいいや。面白かった。

・あと「無人在来線爆弾」だっけ?あのちょっとアホみたいなというかダサいというかそういう感じのネーミングがよかった。

・なんていうのかなー、「ダサさ」って作り物の物語に於いてなんか重要な気がするんだよね。

・後半に向かうに連れて「ふざけんなうるせえバカヤロー」っていうノリが強くなってハチャメチャが押し寄せてくる感じがよかった。

・今の日本で今のゴジラを観られてよかったなーという悦びがありまぁす。

 

そーいえば横浜トリエンナーレゴジラのやつあったな。あれ核実験がテーマな感じだったけど一番最初のニューメキシコ?の核実験も記載されてたっけ。広島からスタートだったような気もするけど記憶あいまい。

人の感想読むのも楽しみだなー。現代ならではの楽しみ方だよなこういうの。

 

fujipon.hatenadiary.com

 

 

 

 怒り、憎しみとか悲しみとかの感情も持たず、ただ、ひたすらに「そこにあるものを破壊すること」に徹しているゴジラと、ゴジラに破壊されていく東京は、(不謹慎ながら)本当に美しい。

 

 日本の手続きの煩わしさを批判する映画のように受け止められがちなのかもしれないけれど、そういう手続きに対して、必ずしも全否定している映画でもないのです。

 ある場面では「もう、東京の危機なんだから、そのくらいの犠牲は無視して攻撃しちゃえよ!」と観ながら思っていた自分を発見することになりました。

 

 まったく違う作品のようだけれど、1954年の『ゴジラ』と2016年の『シン・ゴジラ』をリアルタイムで観た観客は、同じような感慨を抱いて、映画館を出ていく、そんな気がするのです。

 あらためて考えてみると『エヴァンゲリオン』も、そういう作品なのだよね。

 

ほんまやなぁ。すごいなー。