母父トニービン

明るいところで読んでね

空前絶後の超絶晴れ男で天気を愛し天気に愛された俺が『天気の子』観てきたwwww

夏休み終わったからもうガラガラだろうなーと思って観に行った。開演10分前にもかかわらずほぼ真ん中の席が取れた。

中に入ったらやっぱりガラガラで、取った席の真後ろに人がいたからその席に荷物を置いてひとつずれたとこに座った。そしたら予告が始まる直前に若い女の子が一人で小走りで入ってきて、真面目な人なのか知らんけどどこでも座れるのに俺のすぐ隣に座ったから恋の始まりかよと思ってつい肘掛けを譲った。

お互い良い映画鑑賞にしような!とか思ってたけどお腹空いてたから静かなシーンの度にお腹鳴っちゃって、あーごめんねあーほんとごめんねってなった。

 

なんか観終わってスッキリするというか、肩が凝らないというか、後を引かないっていうのかな。ちゃんと食べきれる量の、とても良い映画だったよ。

君の名は。』は序盤のスピード感や急に物悲しい雰囲気になるところや終わりのハッピーエンドでインパクトと多幸感がとにかく強かったけど、『天気の子』はなんか健やかに観終えられたという感じがする。明日の寝起きはすごく良さそう。

 

最初のほうは東京こわいなーと思いながら見てた。そうそう企業名そのままの看板出まくっててびっくりした。クレヨンしんちゃんみたいにサトーココノカドーとかTATSUYAとかやると笑っちゃうからかな。あれ全部広告料もらえるんだろうか。あとバーニラバニラバーニラ笑ったわー。そういや公開当時ちょっと話題になってたよな。

なんか最初から最後までずっと東京東京言ってたけど最後のほうに出てたあの天気図だと埼玉もめっちゃ降ってたね。いやあのシーンでは「関東全域」って言ってたか。ずっと東京の話してたのに関東の地図なんか映すから埼玉がどうなってんのかとか急に気になり始めちゃったんだよ。

江戸時代はすぐそこまで海だったみたいなこと言ってたけど、浦和レッズの「浦」にさんずいが付いてるのは、昔は浦和もすぐそこまで海だったからなんだぞ。浜松町が水没してるんならあっちのほうも沈んでるだろうね。

 

お盆の話するシーンがあったのいいよね。『君の名は。』の組紐みたいにもっと長くても良かったと思うけどな。でもあんまりいろいろ広げると「うちの地域のお盆と違う」とか言い出すやつが大量に出てきそう。

そうそうあと最初のほうに女の子が怒りながら歩いてく姿が、『魔女の宅急便』でキキがトンボにナンパされて怒りながら歩くのとそっくりでよかった。

それと途中で一瞬競馬のシーンがあって、あの女の子がいればベッラレイアももっと重賞の二つや三つ勝ててたんだろうなーと頭をよぎった。ナリタトップロードだってあそこまでテイエムオペラオーに差をつけられることはなかったかもしれない。

 

主人公はなんで家出したんだろうなーまあ後から家庭のこととか描かれるんだろうけどなーと思ってたけど結局ほとんど出てこなくて、でも観てるうちにべつにそんな設定とか経緯とかどうでもよくなってきちゃって、これから何が起こるのかにしか気持ちが向かなかったのもよかった。

細かいことが気にならないくらい面白かったのか、細かいこと言わないから面白かったのかどっちかな。『君の名は。』は前者だったけど、今回は観ながらけっこう冷静にいろんなこと考えてた気がするから後者かな。

なんか警察署からすげー簡単に逃げ出せちゃったり、パトカーから原付二ケツで逃げ回ったり、線路の上をたったか走ったりしてて、やっぱこういうのだよこういうの、と割と素直に思えた。フィクションというものの良さを存分に感じさせてくれる映画だった。

 

と言いつつひとつだけ気になったんだけど、銃が出てくるのはなんか理由があったのかね。そこだけなんか気になっちゃった。理由もなく出すようなもんでもない気がするしなーって考えたけどそれらしい理由を見出せなかった。

一発目より二発目のほうが「救いたいという確固たる意志があった」という表現なのかな。じゃなかったらなんかのオマージュとか。

 

後半でおいこれエヴァじゃねーかよと思い始めて、あの時はシンジさんに感動したけど新海誠はどうするんだ?と思って観てた。そしたら加持さん的な立ち位置の須賀さんが警察官から主人公を半ば衝動的に救うシーンでかなりグッときちゃったよ。そっか俺もうそっちサイドに感情移入する年齢なんだよなーと再認識した。

そんで小栗旬ぜんぜん気付かなかったわ。べつに小栗旬の声とかそんなに知らないけど。まあでもこれたぶん声優じゃなくて俳優の人がやってるパターンのやつだなーという予感はあった。

そんでひとつめの台詞からいきなり棒読みのやつがいて、誰だこいつ絶対エンドロールで確認しようと思ってずっと楽しみにしてた。最後に答え合わせしたら本田翼だった。

俺をなめるな

もし俺が「うわーブログ行き詰まったから誰かアドバイスくれー」って言ったとして、そんでまあ誰かがアドバイスをくれたとして、そこにはどんなことが書いてあるんだろうとか考えてたらなんか笑っちゃったよ。

あじさいさんはそのままでいてくださいo(≧▽≦)o」とかかな。そのままってどのままだよこの野郎。なんて返事すりゃいいんだよ。適当に「\\٩( 'ω' )و //」って返しとけばいいか。「あの作品の感想を書いてください!」とか来るかもしれない。「やだよ」って返そう。

せっかくだからこのへんでブログに行き詰まった人のフリして書いてみようと思ったけどなんも出てこなかった。べつに行き詰まったら書かなきゃいいだけの話だし。しばらく書かなきゃそのうち「はーブログでも書くかー」ってなるだろ。ならないかもしれないけど。煙草吸わなくなって久しいけどたまには煙草吸うかって一回もならないもんね。まあそんなんだから吸わなくなったんだろう。

たまに今週のお題でも書いてみるかって覗いてみるけどまず書くことはないなー。この間見た時は「私の自由研究」みたいなテーマだった。俺ブログ自体が自由研究みたいなもんだし。ただそれの研究を行うに至った動機と研究結果のまとめと感想を書かないだけで。

そう俺研究者リサーチャーだから。前に、ブログを書くことは猫を放つことに近い、皿の上の魚に真っ直ぐ進むかと思ったら急に方向転換してどっか行っちゃったりしてかわいい、みたいに書いたけどそんな感じよ。あーそうかなるほど研究だと思えばいいのか。いいのか?研究?何の?はぁ?

 

 

ヘッセの『荒野のおおかみ』3割くらい読んで意味わかんなくて断念した。なんか途中から急にわからなくなって、あれ?俺ここまで意味わかって読んでたか?ってなった。ずっと同じ意味合いのことが繰り返し繰り返し書かれているような気もしたし、俺が言葉の意味を理解できずにただ文字だけ追いかけていたような気もしたし、よくわからん感じだった。

意味分かるまで頑張って読むよりも一からドイツ語覚えて原文に当たったほうが早いかもしれないと思った。別に訳が悪いというわけではない。そんなの俺にわかるわけないじゃん。でも相性とかはあるかもなー。戸田恵子と相性悪い幼児もいるかもしんないし。何年かしてまた読んだら面白くなってるかもしれないからその時に取っときましょうね。

そうそうこの前久しぶりに新書読んだのよ。読解力が身に付いてないのにわかったつもりになるのはよくない、みたいなやつで評判良さげだったのにまじでひどい内容だった。第1章から「は?そんな必要あんの?」と喧嘩腰のまま最後まで読んで、感想としては「俺をなめるな」になった。

うらやましいだろ

地下鉄に乗って普段あまり行かない駅で降りて、外に出たらほとんど日が暮れていた。反対側に歩こうと振り返ったらまだ明るくて夕焼けが出ていた。それを見て、無限だなーと思った。べつに主語とかはない。

バス停のベンチに腰掛けて夕焼けを眺めながら、もう本とかスマホとか鞄とかなんにもいらないと思った。風が吹く中でただそれを眺めているこの感じだけでいい。もう別にバスとか来なくてもいい。ほんの15分かそこらだと思うけど、なんか印象に残る時間だった。

まあ建物があったせいで、沈みゆく太陽も見えなければ夕焼けの面積のうち7割は隠れてたんだけどね。建物の向こうに存在するであろう太陽を見ていたわけでもなく、隙間から夕焼けを見ていたわけでもなかった。夕焼け空を通して今日という一日が暮れてゆく様を見ていたような気がする。

べつに綺麗だなーとも思わなかったな。そこに神を見たとか、有名な絵画が浮かんだとか、好きだった歌を口ずさんだとか、何もなかった。でもなんか見ていようという意思のようなものがあった。暗くなっても夕焼けを覚えているって初めてかもしれないな。

ちょうど暗くなったくらいにロータリーにバスが入ってきた。

今は上弦だか下弦だか知らんけど半月が出てる。

あと昨日、深田恭子と夫婦になってる夢を見た。夢の中での深田恭子の微笑みに心からの安堵を覚えた。うらやましいだろ。

シュバババ

昨日テレビで新井がヤクルトファンの少年に「ホームラン打ってごめんね」って謝ってて笑った。ははは。笑ってられんのも今のうちだからなマジで。ボーッと生きてんじゃねえぞカープファン!もう上の横浜より下の阪神のほうが近いんだからなわかってんのかよ。なんだっけあの気ぐるみチコちゃんだっけ?番組を見たことないからもう俺の中でボーッと生きてんじゃねえがあのおじさんのギャグになっちゃってるよ。どんだけーだってIKKOの台詞として広まってモノマネまでされてるし、今はもうどうでもいい。本当にもう何もかもがどうでもいい。飯田圭織バスツアーのコピペだってなんか元ネタがあったらしいのに知られてないから仕方ないね。

しかし笑顔で人を幸せにできる人ってのは最高だな。俺の三大『笑ってるのを見るだけで幸せな気持ちにさせられる有名人』は高橋英樹・井ノ原快彦・新井貴浩だから。全員男なのかよ。前2人は俺の中でもう20年くらいトップを走り続けてるからね。イノッチがNHKの朝の番組やるって聞いた時は、時代がようやく彼を認めたと少し誇らしげに感じたものだった。なんか1チャンの話ばっかしてんな。飯田香織バスツアーのコピペは2ちゃんねるだけど。いっちょめ二丁目三丁目、フゥーーーー!っつってね。ははは。

ひとつよしなに

昨日勝ったから朝起きたらいくらか体調が良くなっていた。ありがとうカープ。まあ悪化したところで、もし負けてたらもっと酷くなってただろうからこの程度で済んだのはカープが勝ったおかげ、となるんだけれどね。信仰というのは強い。今日はキツネが先発して頑張ったけど負けてしまった。

そういえば子供の頃風邪引いた時に自分の体がすげー小さくなったような感覚があったけどあれはなんなんだろう。前にネットで調べたけどよく覚えていない。はいはいでたでた。これだよ何でも調べられちゃうからって調べたことなんにも覚えていないやつ。

ここんとこ思い出す筋肉が衰えたのめっちゃ実感するもんね。もう忘れろ忘れろ。ネットで調べるようなことで覚えてたほうがいいことなんて世の中にひとつもねえわ。そんなのより「笑ったスレタイ」とかを調べて笑って忘れてまた調べて笑え。

 

いやーしかし9月になると何もかもが変わったような気になるのはなんとも不思議だね。小中高と多感な時期の12年間ずっとそういうスケジュールで過ごせば習慣になるには充分か。鈴虫もリンリンリンリン鳴いてるよ。

なんとなく気分転換にパソコンの壁紙を世界地図にしてみたら思っていたより全然小さくてがっかりした。ディスプレイの大きさなんて最初からわかってるのに一体なにをやっているんだ私は。ヨーロッパが真ん中にくるやつしかなかったけどそっちの方がなんか世界情勢が見えてて頭良さそうな感じがするかもしれないね。それにふと視線を落とした時に目に入る島で「マダガスカル!」って一瞬テンションが上がる。

まあ全然しっくりきていないからたぶんまたすぐ変えるわ。けっこうみんなスマホとかで趣味の対象を壁紙にしてるのを見るけど、例えば馬の写真とか広島カープとかにはしたくないんだよなぁ。それやるとバランスが崩れるというか、好きなものに縛られる感じがして疲れる。着信音は宇多田ヒカルだけど。

そういうわけでカープグッズみたいなものをひとつも持ってないんだよね。やっぱりちゃんとお金を落とさないといけないのかな。完全にフリーライド勢だもん。いやまあ野球中継を見てればその広告費からカープに放映権料が入ることにはなってんだけどさ。

どうも昔から「お金を落とす」みたいな言い方が好きになれないんだよなー。自分で商売やればわかるようになるのだろうか。何に金を使うかなんて人それぞれ好きにすればいいし金出してるやつが一番偉いってのもわかるけど、自分の金の使い道をなるべく徳の高いものへと昇華させる目的だったり、ただ偉そうにしたいってだけであえてその表現を使うやつがいるから気に入らないのかもしれない。

前に誰かが「お金を出さない人はファンとは呼べない」って言っててまじかーと思ったなぁ。まあVTuberの配信見てると平気で3万だの5万だの飛び交ってるからそう言い切っちゃう人が現れるのもなんかわかるけどな。ファンと客は違う、と言い切れないところもある。ん?ってことは俺のファンって一人もいないのか。うわー。いやこのオチ前にもやった。じゃあ今度競馬で大きく負けた時は自慢するね。