読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

スイープトウショウの話します

競馬 競走馬の話

 

トウショウ牧場が10月いっぱいで閉鎖するらしい。さみしいね。

 

ということでスイープトウショウの話をするよ。

 

ずっと池添が乗ってたってイメージになりがちだけど、最初は角田が乗ってたんだよね。

そうそうあの年の阪神JFはヤマニンが3頭出しでワンツー決めたんだ。ヤマニンシュクル好きだったなー。

 

2004年クラシック

 

翌年に調教師が定年で厩舎が解散して、転厩となったスイープトウショウの主戦騎手は池添に替わった。初のコンビでチューリップ賞を勝利。角田が良かったのになー。

ただ、その頃は既に超良血のダンスインザムードが頭角を表し始めていて、初重賞のフラワーC武豊が乗って楽勝した。

 

今年の桜花賞は2強か?いやいや、実力のほんの一部しか見せていないダンスインザムードの1強じゃないのか。

 

桜花賞ダンスインザムードが早め先頭から楽勝、これがほんとの楽勝って感じ。武豊はねえ、能力が抜けてる馬に乗るとこれやるんですよ。次走以降で相手騎手の戦意を喪失させる意図があるのかもしれない。

ヤマニンシュクルは3着、渋い・・・。あれ、スイープトウショウはどこ走ってたの?ということでもう決まったね。今年の牝馬路線はダンスちゃんで決まりです。なにしろ楽勝すぎる。

 

全姉ダンスパートナーオークス勝ってるし全兄ダンスインザダークもダービー2着から菊花賞制覇、距離が伸びることはどう考えても血統的に更にいい。そんなわけでオークスダンスインザムードが断トツの1番人気。俺も勝ちを全く疑わなかったもんね。

そしたらゲート入る前からイレ込んでダラダラ大汗かいて、しかもスタンド前発走だから歓声やなんかで更に興奮してずーっと頭振ってんの。何なの?マキシマム ザ ホルモンなの?ってくらいブンブン振ってた。

案の定と言うべきか、直線見せ場はあったもののそこから伸びずに負け。逆に血統的にも絶対ないと思ってたスイープトウショウがなぜか伸びてきて2着に入ったのでテレビの前でひっくり返った。

2400mでエンドスウィープが!?なんだこいつ!?

 

その後ダンスインザムードはアメリカ遠征を敢行、G1で惜しくも2着。

 

 

スイープトウショウローズSへ。ここで早めに仕掛けて負けるんだけど、池添のこの乗り方にむかついた俺は次の秋華賞で1円も買わなかった。

その秋華賞、2000mならやれるはず、イレ込んだオークスは度外視、といった感じでダンスインザムードがまた断トツ人気。

そのダンスをなーんか信用しきれなかった俺は、穴っぽい(かつ好きな)馬を混ぜて馬連4頭ボックスで買った。

そしてレースでは買ってないスイープが一気の差し切りで勝ち、俺の買った馬が2.3.4.5着を占めるという芸術作品ができてしまった。芸術には偶然の要素が多分にある。

ダンスも一旦先頭に立ったんだけど全然踏ん張れなかったんだよねー。2着はヤマニンシュクル。渋すぎる。

 

 

秋の天皇賞

人気を裏切り続けてもういい加減信用されなくなったダンスインザムード、しかも相手は一線級の古馬。しかし直線でローエングリンを競り潰して先頭に立つ。最後は差されて2着なんだけど、本気でビビったよ。こいつもなんなんだよ・・・

 

エリザベス女王杯

スイープトウショウが1番人気?は?アドマイヤグルーヴに決まってんだろたまたま秋華賞勝ったくらいで調子乗んな、ということでアドマイヤグルーヴが勝ちました。スカッとした。

 

マイルチャンピオンシップ

ダンスインザムードどうなのもうこいつ全然わかんねぇ、と思ってたらデュランダルの2着。よしマイラーだな、こいつマイラーでいいんだな?

しかし次走の香港遠征からしばらく低迷が続きます。

 

2005年

 

この年のスイープトウショウの緒戦はオープン特別、全然大した相手じゃないのに5着だったかそれくらいにけっこう負ける。何やってんだこいつ。

 

しかし次の安田記念では差のない2着に好走した。東京競馬場のスタンドで、ゴール直前に目を円くして叫んだもん。「スイープトウショウ!?」って。こいつなんなのマジで!?えーっ!?だって・・・えーっ!?

わけわからん・・・これがよく聞く"叩き良化"ってやつなのだろうか・・・ちょっとすげぇぞこいつ。

ちなみにここはダンスインザムードも出てたけど、ただでさえ低迷してるところへもってきて不利を受けてしまって大差の最下位。史上最強牝馬かと騒がれた桜花賞の頃が懐かしいわい・・・

 

関係ないけどこのレースのサイレントウィットネス強すぎだろ。1200mの馬が府中マイルであの粘り方するって何だよ。

あと、このレース直前に変なことが起きたよね。スターターが旗を振る前に先にファンファーレが鳴っちゃって、もう一回やり直したの。関係者も客も変な感じになって面白かった。

 

宝塚記念

タップダンスシチーvsゼンノロブロイ、2強の対決。

さぁ直線に入って敢然と先頭に立つタップダンスシチー、ここから迫ってくるであろうゼンノロブロイに対してどれだけ闘えるか!どうだ!タップ頑張れ!粘れ!いや厳しいか!なんだ!なんか関係ないの来たぞ、あっ・・・

タップダンスシチーが止まるまでずっとタップだけ見てたもんだから知らないうちにスイープトウショウがいい位置に伸びてきているのに気付いてなくて、そのまま差しきっちゃったのを見て、驚くというよりまさに「あっ・・・」って感じだった。

 

 

天皇賞

スイープトウショウは返し馬からゲートに向かう途中で立ち止まったまま動かなくなって、池添が一旦馬から降りて小走りでゲートに向かうのが終始ターフビジョンに映っていた。場内が優しい笑いに包まれていた。

レースはダンスインザムードがまた直線で一気に抜け出した。これは震えたね。ずーっと負けまくってたのにいきなりだもん。府中で「またダンスー!?」って叫んでしまった。

そこからゼンノロブロイが伸びてくるんだけど、その2頭の間からノースヒルズの勝負服の馬が伸びてきたのを見て「あの勝負服は・・・確かヘヴンリーロマンスはいたけどそんなわけないから同馬主の別の馬だろう、どの馬だ?」と考えたけど出てこなかった。

誰だ誰だと思いながら白い帽子を手がかりに競馬新聞を見たらなんとヘヴンリーロマンスだったと知り、びっくりしすぎて人生で初めて腰を抜かした。

松永幹夫が馬上で天皇皇后両陛下に向かってお辞儀をするあの有名なシーンも、俺は腰を押さえながら見てた。最終レースのパドックなんか柵に掴まってないと立ってらんなかったもん。

 

スイープは・・・まあまあ走ったんじゃなかったっけ。あんま覚えてない。

 

 

エリザベス女王杯

エアメサイアが1番人気?は?アドマイヤグルーヴスイープトウショウに決まってんだろたまたま秋華賞勝ったくらいで調子乗んな。

オースミハルカが大逃げをして、あわや逃げ切るかってところからスイープが容赦のない一気の差し切り。アドマイヤグルーヴは3着。

 

 

2006年

 

スイープトウショウは怪我しちゃったので秋まで休養となった。引退しないで頑張って治して走るんだ、すごいな頑張れ。

 

この春、ダンスインザムードはこの年から新設されたG1・ヴィクトリアマイルを勝利した。

いやぁ、あれは本当に美しい勝利だったね。

 

あの桜花賞から2年、無敗の良血馬があっさりG1馬を勝って「三冠確実か」なんて言われたと思ったら一気に低迷して連敗街道へ、そこから徐々に持ち直してようやくふたつ目のG1勝ちですよ。もうだめかと思ったけど、あの強いダンスインザムードがようやく帰ってきた。

しかも鞍上がずっと厩舎所属でやってる騎手だもん。その北村はかつてこの馬に乗ったこともある岡部を髣髴とさせるような、内でじっと我慢して追い出しを待って待ってという騎乗でG1初勝利。素晴らしい。

 

賛否両論あったけどいいG1レースを作ったなぁ、と思ったらその後はよく波乱が起きるレースになっちゃったけどね。

 

 

秋、京都大賞典スイープトウショウが復帰。

叩き良化型らしくここはスロースタートだろうな、まずは無事に・・・と思ったら内からガッハッハーと伸びて勝ったよ。ほんとこいつ意味わかんないわ。普通の馬だったらもう終わってる可能性すらあると思ってヒヤヒヤしてたのにさ。

 

次の天皇賞ではなんと1番人気。しかしダイワメジャーが勝つ。このレースつまんなかったからあんま覚えてない。

 

エリザベス女王杯はスイープから買ったら届かず3位で、でも1位でゴールしたカワカミプリンセスヤマニンシュクルを妨害したってことで降着になった。スイープが繰上げ2着になって押さえの馬連が当たった。ははは。

ここでヤマニンシュクルが故障、引退となった。

 

マイルチャンピオンシップ

ダンスインザムードは2着、これでダイワメジャーと1着-2着になったのは3度目。関東馬同士仲良しかよお前ら。ネット上ではラブラブとかいわれてたしね。

次の香港マイルを走って引退。ふたつ目のG1を勝てて本当に良かった。

 

 

翌年のスイープはマイラーズカップから始動した。しかし「コンゴウリキシオーという名前のくせに実はアイルランド産馬」という卑劣な作戦に騙されて2着。

第2回ヴィクトリアマイルではカワカミプリンセスと一緒に人気を背負って飛ぶ。武幸四郎と池添だもんなー。

ウオッカが当日朝に出走を取り消したエリザベス女王杯では、3歳馬のダイワスカーレットの3着。そっか、あの世代とも走ってんのか。よく長い間走ったよ。ここで引退。

 

 

クセのある同期の2頭

 

f:id:kwchn:20150904004007j:plain

 

スイープトウショウ 24戦8勝 スイープトウショウ|競走馬データ- netkeiba.com

ダンスインザムード 25戦6勝 ダンスインザムード|競走馬データ- netkeiba.com

 

ライバルっていうような関係ではなかったけれど、どっちも気性的に難しいところがあったり、牡馬相手に激走したかと思えば牝馬相手でもコロッと負けたり、対比してみると面白い2頭だった。

 

 

 

トウショウ牧場は今年の2歳馬までで馬主も廃業するらしいので、シーイズトウショウの子らにも期待したい。

思い返してもあの勝負服はやっぱり池添が一番似合う気がするなー。角田が似合う派と分かれるのかな。あと数年で見られなくなるなんて・・・。

勝春のトウショウギア、武士沢のトウショウナイト、ああ懐かしい。

 

 

トウショウ勢が強いランキングはこれです。

 

 

断トツの1位はもちろんあの馬、ヒントはヤマニンシュクル