読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母父トニービン

明るいところで読んでね

名も無きレボリューション

 

 「自分らしい文章」ってなんだろうか。
 それ考え始めるとさぁ、じゃあ宇多田ヒカルらしい曲ってどれよ、ミスチルらしい歌詞ってどれよ、LUNA SEAらしいアルバムってどれよ、さまぁ〜ずらしいコントってどれよ、ハーツクライらしいレースってどれよ、逆にらしくないのってどれよ、ってことになるじゃん。
 ぼけーっと書くのも気取って書くのも真面目に書くのもふざけて書くのも嘘ばっか書くのも泣きながら一気に書ききるのも全部自分らしいといえば自分らしいわけで、全部身から出た錆なんですよ。錆です。みなさん錆を読まされてるわけです。
 あじさいすきおらしい文章はまぁあるのかもしれないし、読んでる時に「・・・フッ、あいつらしいぜ・・・ニヤリ」みたいなこともあるのかもしれないけど、それが完全に俺らしいかといえばそうではないから。
 知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中でもがくの嫌だなーと思うし、あれっでもよく見たら俺にも自前の手錠ついてるじゃねえかまいったなこれとれねえしよーってなることもまぁあったりするけど、自分らしく書こうと思ったことあんのかな俺。
 毎回毎回あまりにも自分らしい文章ばっか書いてると読み返す時に気持ち悪くならないか。ならないか少年。そうかならないのか、ではさらばだ、とうっ!
 
 まあどうせ「自分らしい」なんてすぐ変わるから。大したことないから。毎週変わるからそんなの。来週も見てくれよな!
 東山紀之の何がすごいってさぁ……今のヒガシが一番格好良いことだよなぁすごいことだよなそれ、って言った人がいてなるほどなーと思った。
 とにかく、自分らしく書こうとか考えながら書いてもどうせそうならないだろうなって思ってる。とりあえずその時その時で思ったことを脚色せずになるべく思ったままのテンションで書こうということだけは気をつけている。それけっこう大切だから。別に大切じゃない。
 大切なことはー、って歌うEvery Little Thingのなんとかっていうイントロがプロレスみたいな曲で、君をー愛ーしてるー、のメロディがLUNA SEAのI for youの、キ~ミ~を~愛~してる~、と似てるんだよね、発売日何ヶ月も違わないのに。
 
 そんなさー、自分らしい文章とかなんとか言わずにさー、書きたいことをただ思いついた通りに書けばよかろうもん。
 書いてて楽しいとか気持ち良いとかそういうんじゃなくて、ブログ書くのって風呂入るのに近いところがあるかもしれないな。風呂って、おっほwwwww楽しいwwwwとかそういうのないじゃん。ちょっとさっぱりするというか。
 自分らしい風呂とかないでしょ。
 
 
 
「一番森進一」って字面のラシュモア山感がすごい